気づき

勉強法

15年ぶりにTOEICを受けてきた。直後の所感。

TOEICを受けてきました。 目的は、特にありませんw 気楽of気楽 今回は腕試し。 現時点での英語力を確かめるため、 まったく勉強をせずに受けました。 すると。。。 あたりまえですが。。。 ...
気づき

伸びやすい人はやっぱり、○○な人。

マネジメントゲーム2日間を終えました。 ほぼ全員が初めて。 でも、みなさんすごい吸収力で、 ぐんぐん伸びていました。 今回の対象は、 某一部上場企業の幹部候補。 みなさんの共通点は何かと探っていましたが、 やはり、...
気づき

副業・投資・転職・資格。自由に使えるお金を増やしたい人へ。

たまたま目にした、 とある調査結果。 (SMBC コンシューマーファイナンス調べ) 30代~40代の男女、 自由に使える月のお金、 3万円!?!? これでは、 毎週の飲み会とタクシー代で...
スポンサーリンク
気づき

消費税が2%増税。駆け込む前にお金の面だけじゃなくそれ以外の面も考えてみよう。

消費税増税が迫っています。 5年前の5%→8%の時ほどには、 駆け込み需要も少ないということですが、 それでもかなりの人が、 今のうちに買っておこう! となっています。 とあるニュースを目にして感じたことをば。 ...
気づき

経営も人生も勉強も、ルービックキューブのようなもの。

ルービックキューブ ルービックキューブ、 触ったことありますか? 私はあります。 が、一面だけしかそろえられません(^^;) 全面そろえられる人、 本当に尊敬します。 なんかこの状態、 経営や人生、勉強も同じだなぁと...
勉強法

資料作成がうまくなるために必要な3つのポイントは、勉強にも共通することだった。

資料作成講座で聞いたことが、 実は勉強にも役立つことに気付きました。 3つのポイントを紹介します。 インプット まず、インプットすること。 単に知識を入れるというより、 型を仕入れることです。 型がなけ...
気づき

ネガティブな感情を消し去りたいなら、インプットを最小に、アウトプットを最大にせよ。

・イラッとする ・ムカつく ・反論したくなる こんな、ネガティブな感情、 わき上がることありませんか? そんなときには、 インプット過剰・アウトプット不足 に陥っていないか、疑ってみましょう。 インプ...
気づき

戦略的プレゼン資料作成講座の振り返り。振り返ることで定着が促される。

2週間にわたって、 2日間の講座に出ていました。 ランニング、トライアスロン仲間からのご縁で、 急遽参加させていただくことに。 2日間を振り返りながら、 簡単に内容を共有します。 それによ...
気づき

早起きに必要なマインドとスキル。早起きに必須のアプリもご紹介します。

早起きを心がけています。 通常時、目覚ましは4時5分にセット。 起きた後はだいたい、 ランニングか、読書をしています。 いままで早起きが全然定着せず、 悩みに悩み抜きました。 セミナーに出てみたり、 脳疲労を取...
気づき

経済の基本は需要と供給。乗るべき流れと無視するべき流れ。

小さな流れは早乗りor無視 昨日の日経に、 【タピオカ輸入急増】 という記事が出ていました。 2019年の1月から7月、 前年同期比で、 輸入が4.5倍とのこと。 これをみて、 うおー! これからはタピオカ...
気づき

痺れる発言をかき集めれば、自分の方向性が見えてくる。

鏑木毅という男 日経夕刊に、 プロトレイルランナーの 鏑木さんのコラムがある。 先日50歳で、 UTMB(ウルトラトレイル・デュ・モンブラン) を完走。 このレース、世界で最も苛酷なレースと...
気づき

自分で考えない圧倒的多数ではなく、自分で考え行動する圧倒的少数になれ!

世の中には2種類の人間がいます。 自分で考える人と、 自分で考えない人。 どっちになりたいでしょうか。 これからの時代、 どっちが生き残りやすいでしょうか。 それはもちろん、 自分で考える人です。 ...
勉強法

結果はさっさと出しておく。さもなくば蟻地獄にハマるのみ。

21年合格目標の講義が徐々にスタートしていて、 今年は過去最高の講義を展開しています。 昨日話した内容を共有しておきます。 勉強にも、生き方全般にも通じるかなと。 とにかく結果を早く出せ! とにかく、何でも良い...
気づき

YouTubeを始めて4ヶ月ちょっと。少しずつ意識して改善していること。

思い立ってYouTubeでの発信を始めてから、 4ヶ月以上が経ちました。 この間、いろいろな動画を観て研究しています。 改善ポイントがかなり見つかったので、 現時点で意識しようとしていること、 もっとこうしたら良くなる...
気づき

映画「二宮金次郎」を観て感じたことをつらつら。

映画「二宮金次郎」を観てきました。 ほとんど上映されていない映画ですが、 これはかなりアツい。 若者に特に観て欲しい、 すごい映画だと感じました。 まず自分がよくなる 自分がよくなることを考える。 そうすれば、...
気づき

型にはまらないよりも、型にはまったほうが成果は出やすい。

最近意識している、【型】について。 型にはまらないほうがいい!? 型にはまりたくない。 そう思っている時期が長らくありました。 たとえば、分かりやすいのが、ブログ。 かなり多くの人が、 3つ程度に大項目を分けてか...
気づき

マウンティング、するほうも悪いがされる方も悪い!?

マウンティング。 この言葉、いつからできたのでしょうね。 本来は動物の世界だけの言葉だったようですが、 2014年に流行語大賞にノミネートされ、 そこから広まっていったみたいです。 (もともと女性の話だったんですね...
気づき

私がそれでも発信する理由。

Twitterでふと目にとまった出来事がありまして。 --- 女子高校生が免許を取って、 自分のお金で軽自動車を買った。 それを写真付きでツイートしたら、 炎上して、アカウント削除に追い込まれた。 --- ...
気づき

野中郁次郎さん「私の履歴書」何歳からでも遅くない。

今月の日経新聞。 「私の履歴書」は、 一橋大学名誉教授の野中郁次郎さんです。 第1回から、いきなり、 衝撃を受けてしまいました。 --- 野中さんが、学者として生きていくと決めたのは、 30代半ばだったそう...
気づき

私がもっと稼がねばならない理由~2019年8月末時点~

お金がもっともっと必要。 そんなことを考えています。 大きく2つの理由が考えられるので、 いまの記録として残しておきます。 現状 私の収入、現時点では諸事情により明かせません。 (いつか時が来たら書くかもです...
勉強法

田中角栄は努力の天才。何事も彼を見習おう。

友人がシェアしてくれた、 田中角栄の現役時代のエピソードに、 震えまくりまくりまくりました。 角栄の宴席は毎晩3つ。午後6時からスタートし7時に2軒目、3軒目は8時から始まった。文字通り「ほぼ毎晩」。 まぁ、...
気づき

欠乏感のその先に、大ヒット作品が待っている。

ヤマザキマリさんのインタビュー記事を読みました。 ヤマザキマリさんは、テルマエロマエの作者です。 テルマエ・ロマエ(1) posted with ヨメレバ ヤマザキマリ エンターブレイン 2009年1...
勉強法

質問することは善であるという前提に立ってみる。

昔、人に何かを聞くのが苦手でした。 というのも、私自身、 他人から質問されることのほうが多く、 (特に勉強に関すること) 自分から質問するということを、 ほとんど経験してこなかったからです。 しかし最近で...
気づき

間(ま)はもちろん大切だけど、間抜け、間延びにならないよう注意しよう。

間(ま)は難しい 人前で話すとき、 間(ま)は非常に大切です。 間があるかないかで、 同じ話でもまったく伝わり方が違います。 講師になって12年。 間の取り方については、 苦労してきましたし、 いまでも日々調整してい...
気づき

コシノジュンコさんは1964年東京オリンピックのとき、どこにいたか?

コシノジュンコさんの私の履歴書。 相変わらず、フツウじゃないエピソード。 1964年、オリンピックが東京で開催。 飛行機で見に来た外国人がたくさんいたが、 戻る飛行機がガラガラなので、 それを活かしたツアーに乗っかり、...
気づき

コーチ、師匠、先輩、先生、パイセン、お手本。呼び名は何であっても、成果を出したいなら指導してくれる人が必須。

日経新聞、私の履歴書。 8月は、コシノジュンコさんです。 ファッションなどほぼ興味ないのですが、 なぜか引き込まれます。 なぜ難関高校に合格できたのか? おきまりのパターンで、 幼少期の頃からのエピソードが描かれ...
気づき

たまには、別の視点で物事を見てみよう。

数日前に、ブログテーマ(見た目)を変更しました。 その際、スマホでもチェックしていて、 ちょっとした気付きが。 パソコンの1000字は短い 基本的にブログはパソコンで編集していて、 チェックもパソコン画面です。 ...
気づき

一億総勉強家社会の実現に向けて。

一億総活躍社会の実現へ。 旬は過ぎた感がありますけども、 令和になっても更新がされていますね。 最近考えていることを認(したた)めておきます。 勉強が必須の時代 すべての人が、勉強する社会。 すべての人に...
気づき

人の心をつかむためのポイント~花火大会からの気付き~

久々に、花火大会へ行ってきました。 間近で見る花火は、やはり、すごい。ただ観て終わりではもったいないですので、どういうタイミングで心が動くか、他の観客が盛り上がっているかなど、簡単に分析してみました。 人の心をつかむ為のポイント...
気づき

動けない人は、コシノジュンコさんのお母さんの言葉を脳に刻み込もう。

8月の日経新聞「私の履歴書」は、 コシノジュンコさんです。 妻に、 「ねぇねぇ、知ってる?ファッションデザイナーの人だって~!?」 と聞くと、 「知ってる。」と。 (妻はファッション業界の人間ではありませんが...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました