海辺のカフカもいいけど、過負荷はもっといい

気づき
スポンサーリンク

 

■全力疾走すると、
苦しいですよね。

でも何度も繰り返せば、
心肺が鍛えられ、
つらさはなくなってきます。

 

■一度負荷を高めると、
それ以降、一気に、
楽に感じられるようになるのです。

例えば普段、1kmを5分で走っている人が、
頑張って4分で走ってみる。

相当、つらいでしょう。

でも、一度そのペースで
走ってみると、

5分で走るのは、
非常にラクに感じられるのです。

 

 

■サウナ、入ったことありますか?
サウナに5分入るとけっこうしんどいですよね。

そこでなんとか頑張って、
10分我慢してみる。
私も、たまにやります。

めちゃくちゃしんどいけど、
次入ったときの5分は、
めちゃくちゃ短く感じられるのです。

負荷を高めることで、
能力(?)が一気に向上。

海辺のカフカならぬ、
サウナの過負荷です。

 

 

■「〇〇○の過負荷」の〇〇○には、
なんでも当てはめることができます。

マラソンの過負荷、
勉強の過負荷、
筋トレの過負荷、
仕事の過負荷。

 

 

■私は会計士の受験生になって
極めて初期の段階に、

1日10時間の勉強を
3日連続でやりました。

おかげで、勉強耐性がつき、
10時間やるのが当たり前になったのです。

それはきついでしょ!

と思うレベルに一度チャレンジしてみることで、
力を伸ばすことができる。

 

■昨日話した友人は、
1日で7記事ブログを書く、
というものにチャレンジしたことで、

素早く書けるようになったとのこと。

能力の引き上げには、
過負荷は必須。

海辺のカフカを読みながら、
何の負荷を高めるか、
考えてみてもいいでしょう。

海辺のカフカ(上下)合本版(新潮文庫) | 村上春樹 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア | Amazon
Amazonで村上春樹の海辺のカフカ(上下)合本版(新潮文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。

 

 

特に勉強には、
絶大な効果があります。

同じ問題を、半分の時間で解いてみる。
同じ時間で、2倍の量に挑戦してみる。

いくらでも負荷を高められます。

★★★★★★★★★★

【娘日記】

週末だけゲームをやってOK、
というルールにしていますが、

妻がいない日は平日でもこっそりやってます。

先日も妻が不在の時、
2人でこっそりドラクエやマリオを楽しみました。

 

 

【猫日記】

避妊手術後、体調が悪くなり、
3日間ほど入院中です。

今日、やっと退院予定。

 

タイトルとURLをコピーしました