売りたいものがあるなら、マーケティングに必須な「PMC理論」を知って実践せよ。

気づき
スポンサーリンク

 

PMCとは、プロフィール、メニュー、顧客(カスタマー)の声。

頭文字を取って、PMCです。

マーケティングに必須の3要素です。

 

プロフィール

何かを買うとき、どうやって決めます?

たとえばね、お菓子でも、化粧品でも、お味噌でも、
知ってる会社から買うでしょう?

お菓子ならカルビー、化粧品なら資生堂、
お味噌な~ら、ハナマルキ♪
三時のおやつは文明堂。

個人でのビジネスであれば、
まず知ってもらわないことには始まりません。

プロフィールといっても様々で、
まず大事なのは、名前!
名前を出さずに売るなんて、まぁ、無理ですよ。

何してる人か、何をしてきた人なのか。
この人に頼むとどんないいことがありそうか。
ちゃんと期待に応えてくれそうか。

そんなことが伝わるプロフィールを準備しましょう。

 

メニュー

美容院いきますよね?
床屋さんいきますよね?

そこは、カット、シャンプー、パーマ、カラーなどなど、
メニューと価格がセットで分かってますよね?

だからこそ店として商売が成り立っているわけです。

これが「店主の気分によります」だったら、行かないですよね。
私の周りには行く人多そうですけど。ネタになるし。

 

本日のランチセット!内容と値段は、食べてからのお楽しみ!
なんてお店、なかなか入れませんよね。
私の周りには行く人多そうですけど。ネタになるし。

 

あなたの店にはどんなメニューがあるんですか?
それはいくらなんですか?
これも考えて、決めて、公開しましょう。

 

顧客の声

これはスマートなマーケティングに必須っす。ひっすっす。

いくら自分がいいと思っていても、
それを自分の口から発するだけでは限界があるし、
信憑性もありません。

すでに買ってくれた人からのオススメの声をいただくことで、
スマートに売れやすくなるのです。

だから予備校業界でも合格者の声を大事にしているわけですな。
本当のよさは、体験したお客様しか分からないのですよ。

 

 

この「PMC理論」については、
仲間が主催したセミナーにてヒントを得ました。

ど真ん中を生きる|中小企業診断士の独立
中小企業診断士を取得後、独立して経営コンサルタントとして活動する筆者の趣味中心の日常。たまに独立・起業・経営についてお伝えします。

たまにしかセミナーやらないので、
タイミング合ったら参加をオススメします。
(独立したい士業向け)

★★★★★★★★★★

【編集後記】

なんでこんな記事書いたかと言うと、
私ができてないからだったりするのです。

はい、やります(^^;)

 

今日はもろもろパソコンで仕事。

午後は、とあるスイム個別レッスンを受けて、
その後に今後のカリキュラム打ち合わせ。

夜は予定をキャンセルして早めに帰宅、家族で過ごしました。

 

タイトルとURLをコピーしました