自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その11~囲碁での死は人生の死に通ずる?~

time 2015/10/24

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その11~囲碁での死は人生の死に通ずる?~

 

なぜたった3ヶ月で初段を取ることが出来たのか。

これから初段を目指す人にとって,

もしかしたら1ミリくらいは役に立つかもしれないので,

備忘を兼ねて書き連ねることにする。

過去の記事は以下からどうぞ。

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その1~きっかけはいつも単純~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その2~感覚でいいこともある~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その3~一棋生はハイリスクだが価値は大きい~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その4~逆算できるものは逆算で~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その5~最初に読んだ本~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その6~とっつきにくいことは細かく分割せよ~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その7~2ヶ月前は20級でした~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その8~コーナーよりペナルティ~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その9~囲碁も受験も全国模試を受けよう~

たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その10~真剣勝負で弱点をあぶり出せ~

★★★★★★★★★★

二眼できないと死ぬ

囲碁の基本的なルールの1つに,

「周りをすべて相手の石に囲われたら取られてしまう」

というものがある。

 

この状態で,次が黒の番だとすると,

 

このように,白石は取られてしまう。

 

これなら,一見すると取られないようにも見えるが,

 

このように真ん中に黒に打たれると,

周りをすべて囲われているので,

やはり白石は取られてしまう。

一眼だけでは死んでしまうのだ。

 

このように二眼があれば,

黒からは中に打つことができず,

白石は生きている。

生きるためには,最低でも二眼が必要になる。

 

死なないために収入も二つ以上あったほうがいい

収入を得る道がたった一つだけしかない人生を想像してみよう。

一般的なサラリーマンはこれにあたるだろう。

平日は朝9時から夕方5時まで働き,

金曜には街に繰り出して飲み歩き,

休日は昼まで寝てダラダラ過ごし,

テレビをみたりネットをいじってまた月曜日を迎える。

勤めている会社が一生涯安泰なのであれば,

こういった人生も良いであろう。

 

しかし,今はJALでさえ破産する時代である。

稼ぎ時である50歳前後で会社をクビになる可能性は,

どんな会社であっても0とは言えない。

むしろ,どの会社であっても五分五分くらいの確率で,

クビになるか倒産すると想定しておいた方が

良いのではないかとさえ思う。

 

会社に何かあった瞬間に死んでしまう。

即死することはないにせよ,

間違いなく収入が途絶えてしまう。

家族がいたり,生活水準が上がっているはずなので,

ダメージはかなり大きいはずだ。

 

そうならないためにも,収入の道を二つ以上確保しておくべきだ。

一眼ではいずれ死んでしまう囲碁と同じで,

人生においても一眼では心許ない。

囲碁でも,二眼さえ確保できていれば,

安心して別の場所に打つことができる。

これと同じで,複数の収入源を持つ(あるいは持てる能力を付けておく)ことで,

思い切った行動を取れるしチャレンジできるのだ。

 

囲碁の単純なルールのなかに,

これからの人生において大切なことを見つけた気がした。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

週末は,TACの原稿業務と,

年明けに行われる同窓会出し物の練習です。

 

【10月走行距離】

80.0km/200km

 

【1日1挑】

大手町ビルB1の中華

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その12~マンネリは大歓迎~

前の記事 » たった3ヶ月で囲碁初段!初段への道程その10~真剣勝負で弱点をあぶり出せ~

コメント

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031