自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その15~レース編その4

time 2015/03/23

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その15~レース編その4

 

2015年3月8日,第1回久米島トライアスロン大会に参加してきた。

人生で初めてのトライアスロンは二度と経験出来ない。

何回かに分けて,思い出しながら,振り返ってみようと思う。

完全なる日記となるので,暇な方のみお付き合いいただければ幸いだ。

過去のエントリは以下からご覧いただきたい。

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その1~決意編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その2~メンバー紹介編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その3~買ったもの編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その4~事前練習編その1

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その5~事前練習編その2

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その6~事前準備編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その7~久米島入り編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その8~レースまで編その1

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その9~レースまで編その2

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その10~レースまで編その3

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その11~レース当日の朝編

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その12~レース編その1

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その13~レース編その2

Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その14~レース編その3

★★★★★★★★★★

ブイを回るのに苦戦

なんとか最初の直線を泳ぎ切り,大きなブイに到達。

slooProImg_20150321223615.jpgここを右に曲がるのだが,この角度に曲がった経験がないので,

思った以上に苦戦した。

そもそも周りにほとんど人がいなかったので,

乗っかったり乗っかられたりというバトルはなかったが,

方向転換がこんなに難しいものだとは思わなかった。

結局,ブイにつかまるようにして,すぐそばを回った。

先頭の人がどのようにブイを回るのか,一度見てみたいものである。

 

海では素直に波に乗れ

この日の波は,スタート地点から見て,左前方から右後方へと流れていた。

(僕の感覚であり,実際にそうだったかは分からないが)

写真 2015-03-24 18 04 41

なので,一番最初の直線が,最も進みにくいことになる。

かなり時間がかかったが,過ぎてしまったことはしょうがない。

次の直線では,波の流れに乗ればそれなりに速く泳げるはずだ。

 

思った通り,一番長い400mの直線では,スムーズに進めたように思う。

身体が慣れてきたこともプラスに働いたのだろう。

海の中の魚も確認することができた。

 

時代の波に乗って生きていた者たちは,

逆流とともに消え去っていった。

そういう人生も楽しいのかもしれないが,

あえて時代の波に乗らず,地に足を付けた人生を送りたいと今の僕は考えている。

 

でも,ここはリアルな海。

波に乗っていかないと,タイムアップになってしまうのだ。

海では素直に波に乗ることも必要である。

 

とはいえ,それでもずっと泳ぎっぱなしで進むことはできず,

止まったり,クロールしたり,浮いたり,ロープにつかまったりしながら,

なんとか進んでいるという状況であった。

後ろを振り返ると,数人しかいない。

完全に最下位集団である。

それでも,まだ,生きている。

「いのちだいじに」 作戦は,いまのところ成功していると言って良いだろう。

なんとか700m地点まで辿り着き,

あとは陸に向かって泳ぐだけだ。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

花粉症ではないのですが,

妙にくしゃみが出ます。

気のせいだといいんですが(^^;)

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その16~レース編その5

前の記事 » Road To Triathlete~第1回久米島トライアスロンでトライアスリートになったカナヅチ男の物語その14~レース編その3

コメント

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031