自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

風邪からなるべく早く復活するために私はどうしたのか。

time 2016/11/14

風邪からなるべく早く復活するために私はどうしたのか。

 

即病院へ

 

金曜日に祝賀会がなければ金曜日に行っていました。

風邪ひきそうなとき、なんとなく自分で分かりますよね?

金曜の昼くらいには感じてましたからね。

でも熱を測ってその事実を認識してしまったら、

祝賀会の演技ができなくなってしまうと思ったので、

栄養ドリンクを飲んでやせ我慢です。

 

土曜の朝一で病院へ行きました。

念のためインフルエンザの検査をして、陰性であることを確かめ、

あとは薬と漢方を処方してもらって飲んで寝たら、

熱自体はほどなくして下がってきました。

体の痛みも和らぎ、楽になってきました。

 

たまたま土日でしたので、念のため2日間安静にしていましたが、

平日であっても、最悪午前中だけの休みで済ませられたかもしれません。

それはすぐに病院へ行ったからです。

 

病院や薬に頼らないほうが体に良い説もありますけど、

働き盛りなのでそんなことも言ってられないのです。

薬だけじゃなくて、ちゃんと体に栄養を取り入れていけばOKでしょう。

みかん、リンゴ、パイナップル、ラフランス、バナナなど、

果物を摂取しまくりました。

 

 

ポカリスエット

 

あとは定番のポカリですね。

2Lのものと900mlのものを買ってきてガブガブ飲みました。

大量に汗をかき、薬との相乗効果で、熱も下がりました。

 

冷えピタ

 

おでこにはるより、脇の下あたりがいいらしいです。

駅伝部だった後輩に昔教わりました。

(そういえばそのときは沖縄で先輩の結婚式があり、

式が終わったとたんに熱が出たのでした(^_^;))

これも効果ありです。

 

 

 

病院にどうしても行けないときは、

ポカリ+冷えピタ+栄養ドリンク+暖かくして汗をかく

で、それなりに効果があります。

 

 

風邪は引かずに済めばいいのですが、

引いてしまったらしょうがないですから、

いかに早く治すかに気持ちを切り替えることが大切です。

もちろん、体から発せられる「休め!」のサインですから、

できることならゆっくり体を休めてあげましょう。

 

2016-05-28-13-00-26

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は上級ガイダンス収録のあと、収録講義です。

ぶりかえさないように、のど飴舐めまくっています。

 

« 次の記事 致知2016年12月号のテーマは「人を育てる」。

前の記事 » 簡単に風邪を引くための方法。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2016年11月
« 10月   12月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930