自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

陸上、桐生選手が9秒台を出したあとどうなるか。

time 2017/09/16

陸上、桐生選手が9秒台を出したあとどうなるか。

 

本来は何十センチ、何メートルもジャンプできるノミを、
蓋をしたビンの中にしばらく入れて
それ以上ジャンプできないようにさせておくと、
蓋をあけてもそれ以上ジャンプしなくなってしまう。

という有名な話がありますね。

本来の能力が発揮できない状態がしばらく続くと、
自分の能力も勝手に閉ざしてしまうのです。

陸上、桐生選手の9秒台に学ぶ結果の出し方。

ってのを昨日書いたわけですが、
このあと日本人に何が起こるかと考えてみると、
やはり、

9秒台ラッシュ

が予測されるわけです。

 

なんとなく、いままで日本人は、

10秒の壁

ってのを、意識しているか無意識かに関わらず、
どこかで思っていたのではないかと思うのです。

その思い込み(?)が、今回の件で、
外れることになるわけです。

もちろん、おそらく陸上の短距離選手は、
そんな限界などを考えることはなく、

自分が10秒を切る!

と言い聞かせて日々トレーニングしていたことでしょう。

しかし、これまではなかなか結果が出てこなかった。
体格的な面もあるのかもしれません。
環境のせいもあるのかもしれません。

とにかく今まで誰もなしえなかった9秒台が出た。

この事実によって、きっと日本の陸上界は
大きく変化することになるのではないかと期待してます。
東京オリンピック、楽しみです。

これは子育てするときにも気をつけたいポイントです。

子供ができるかできないかは、
親が勝手に決めつけることではないでしょう。

なるべく、やろうとしていることに関しては、
そっと遠くから見守ってやりたい今日この頃です。

ジャムおじさんと結婚だってできるかもしれません。
(絶対許さんけどな!!!)

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日はMGの原点セミナー。
30年前の講演テープを聴き、
Y理論についての理解を深めてきます。

 

【月間300kmプロジェクト】

135.9km/300km(トータル)

« 次の記事 レバテックフリーランスお役立ち記事に紹介していただきました!簿記の勉強法。

前の記事 » 陸上、桐生選手の9秒台に学ぶ結果の出し方。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930