自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

ジムでラン練習するメリットとデメリット。マシンをうまく使えば効果的。

time 2016/01/11

ジムでラン練習するメリットとデメリット。マシンをうまく使えば効果的。

 

最近は外ではなく,ジムのランニングマシンで走ることが増えてきました。

近所に24時間ジムが出来たので申し込んでみたのです。

改めて,ジムでランニング練習するメリットとデメリットを考えてみました。

 

メリット

ペースを一定に保てる

1番のメリットはこれだと思っています。

外を自分で走る場合は,ペースにブレが生じてしまいます。

結果的に1kmを4分で走れたとしても,

あるタイミングでは3分40秒,別のタイミングでは4分20秒など,

いろいろなペースが混じり合っています。

4分/kmのペースで走りたければ,

マシンをそのペースに調整すればOKです。

マシンならまったく同じペースで走り続けることが可能なのです。

 

飽きにくい

マシンによりけりかもしれませんが,

テレビが付いています。

テレビを観ていれば飽きにくいです。

 

室温が一定

これは季節に関係なく同じ状態で練習できるということです。

特に真夏の暑い時期には良いでしょう。

寒いのはたくさん着ればなんとかなるのですが,

暑いのはどうにもなりませんからね,,,

 

傾斜をつけられる

家の近くに坂道が無いと,

外では気軽に上り坂の練習ができません。

ランニングマシンなら傾斜をつけられるので,

トレイルランや富士登山競走の対策として便利です。

 

すぐシャワーを浴びられる

ジムのシャワーを浴びればそのまま出社できます。

夜なら,そのまま帰って眠るだけです。

ジムによっては温泉やプールも付いていたりしますよね。

僕は自宅から走って行き走って帰ってくるので,

シャワーは使っていません。

 

デメリット

飽きやすい

メリットでは飽きにくいと書いたのですが,

とはいっても景色が変わらないのは飽きます。

僕はせいぜい10km走るのが精一杯です。

ジムで30km走ったという変態な友人もいますが(^^;)

 

走りにくい

マシンが合う合わないには個人差があるでしょう。

コンクリートの上で走り慣れていると,

始めは走りにくさを感じるかもしれません。

 

故障しやすい

これも個人差はあるでしょうが,

膝によくないと言う人もいます。

コンクリートも膝によくないと言われるので,

これはどっこいどっこいでしょうか。。。

怪我に気をつけなければいけないのはいつも一緒ですね。

 

ペースが速すぎるとうるさい

ペースを速くすると,マシンがうなりをあげます。

ほとんどの人がゆったりペースで走る中,

4分/kmとかで走ったりすると視線を浴びます。

 

スピード練習と坂道練習に使う

いろいろメリットデメリットがありますが,

僕の今のところの用途としては,

スピード練習を中心に,たまに坂道練習

 

といった感じです。

ジムでゆっくり長く走るのは,

飽きやすい僕には厳しいです(^^;)

うまく使いこなせば,ジムでのトレーニングもアリでしょう。

2015-11-21 10.43.34

★★★★★★★★★★

【編集後記】

早朝から4分/kmで3km走りました。

気分爽快なんですが,疲労が。。。

 

【今朝の体重】

62.8kg

 

【昨日の1日1挑】

スナップエンドウとベーコンのオーブン焼き

ハッピーターン バター醤油

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 会計士12月短答式試験の合格発表でした。

前の記事 » 1月31日の新宿ハーフマラソンで1時間30分を切るために心臓をいじめます。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031