自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その10

time 2014/10/11

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その10

 

これは,僕が人生で初めてインドはムンバイを旅したときの記録である。

過去のエントリは以下から。

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その1

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その2

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その3

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その4

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その5

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その6

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その7

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その8

生まれて初めてインドに行って感じたことをありの~ままの~文章にしてみた。その9

 

※主な登場人物

 

トミー帝:某外資系コンサルにて働くスーパーエリート。インドはムンバイへ赴任中。仕事でロジカルなのは当たり前だがプライベートでもついロジカルな面が出てしまい,なかなか良い相手が見つからないらしい。

 

AKB帝(羅帝):スーパー保険家。85kgの巨体ながらフルマラソン4時間切り,100kmウルトラマラソン2回完走,アイアンマンレース完走のすべてを,ランを始めてから1年以内に達成する強者。その文章力は圧巻。

 

マッチ帝:某ベンチャー企業のスーパー副社長。社内では神と呼ばれている。実力がありすぎてなんでも自分で出来てしまうため,いまは後継者の育成が課題。と本人は主張しているが,本当はしゃべりすぎて誰も話を遮れないだけとの噂も。

 

 

 

全員が私よりも年長者であり,人生の先輩として,またビジネスパーソンとして心から尊敬していることは言うまでもない。

 

※※※※※

 

なんとも表現しがたい空間

ムンバイのマーケットは,日本で普通に暮らしていたら

生涯知らずにいたであろう壮絶なものだった。

 

におい,音,声,空気,感じ,視線,道,バイク,自転車,野菜,果物,穀物,鶏,人,人,人。

すべてが,雑然と,騒然と,漫然と,泰然と,自然と流れている空間。

衝撃で頭がくらくらしてきた。

 

僕がやられてしまったのは,おそらく,においと音。特に,「におい」だ。

五感とはもちろん,視覚,聴覚,触覚,味覚,そして嗅覚。

目で見えるものは,テレビなどを通じて。

味覚はインド料理屋で。

触覚は置いておくとしても,聴覚と嗅覚は,現場に行かないと発揮しにくい。

もちろん実際に見てみて感じる部分も大いにあるし,第六感的なものも行くことで初めて感じられるわけだが,

においと音は,現地に行って初めてリアルに感じられるものだ。

なんとも言えないにおいが僕を襲ってくる。

どこまで行ってもついてくるにおい。

 

結局僕は,どこからともなく発せられるにおいにやられ,一言も発することなくマーケットを後にした。

撮った写真もブレブレだ。僕がどれだけ動揺していたかが分かるだろう。

 

写真 2014-09-19 23 00 33

 

 

写真 2014-09-19 23 01 12

涙目の僕とそれを狙うインド人。

 

 

写真 2014-09-19 23 01 24

 

写真 2014-09-19 23 01 30

 

写真 2014-09-19 23 02 20

鶏をその場で捌いていた。日本の街中ではなかなか見られない光景。

 

写真 2014-09-19 23 07 16

 

写真 2014-09-19 23 13 38

 

写真 2014-09-19 22 58 13

 

 

インドの乞う子

マーケット付近で,インドでは物珍しくもないという

物乞いの女の子と出会う。

写真 2014-09-19 22 49 58 (1)

写真ではトミーに対して言い寄っているように見えるが,

さすがはインド歴9ヶ月のトミー,一蹴していた。

すぐさま女の子が言い寄ったのは,

マッチだった。

4人の中でもっとも線が細く,

「こいつ,いけそう!」

と女の子に目を付けられてしまったようだ。

 

大人のインド人に対しては120%前のめりになっていたマッチも,

これには相当弱っているように見えた。

「かわいそうだよおおお,心が痛いいよおおおおお」

と悲痛な面持ちをしていた。

 

僕はこういうのは案外大丈夫だな(心が揺れないな)

という新たな発見もあった。

とはいえ,もし自分にも彼女と同い年くらいの子供がいたら

反応は変わっていたのかもしれない。

 

同じ事象に出くわしたときにどのような反応をして

どのように対応するかは,そのときに置かれている環境が

多分に影響するのだ。

彼女の視点で考えれば,物乞いする相手がいま置かれている環境に思いを巡らせることで,

成約率(お金をもらえる確率)が高まることになる。

それを知ってか知らずか,しっかりマッチに攻め込んだ彼女に

敬意を表したい。

影響力の武器は僕より前に彼女が読むべきだったのかもしれない。

 

(今回の旅では,とある観点から

マッチ&AKB

トミー&僕

でのグループ分けが出来る。)

 

もしまたインドに来ることがあれば,

そのときにはどう感じたか,またレポートしたい。

 

チキンの美味しいレストラン

しばらく歩いたことによりお腹が空いてきた。

それよりもだいぶ心が疲弊している。

食わないとやってられない。

今日は4人そろってのディナーだ。

写真 2014-09-19 23 35 16

 

写真 2014-09-19 23 37 05

 

これがインドでいうピッチャーらしい。

ビールの出る勢いは,トイレの水の勢いと同じように弱く,

まったく泡のないビールができあがる。

写真 2014-09-19 23 49 51

 

このチキンが激うまだった。頼んだマッチ,ナイス。

 

写真 2014-09-20 0 00 36

 

 

その後にさらにこのチキン。

マッチ。。。

マッチは食に対しても前のめりなのであった。

 

満腹になった我々は店をあとにし,ホテルへと向かった。

 

 

続く。

 

 

ないすとぅみーとぅ!

 

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2014年10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031