田中角栄は努力の天才。何事も彼を見習おう。

勉強法
スポンサーリンク

 

友人がシェアしてくれた、
田中角栄の現役時代のエピソードに、
震えまくりまくりまくりました。

 

角栄の宴席は毎晩3つ。午後6時からスタートし7時に2軒目、3軒目は8時から始まった。文字通り「ほぼ毎晩」。

 

まぁ、大物政治家ですから、
これくらいは当たり前なのかもしれません。
しかしその後がすごい。

確かに角栄は10時過ぎには寝るのだが、午前2時なるとむくっと起き上がる。そしていそいそと勉強を始めるのだった。

■午前2時から徹底的に資料を読み込む

役所が用意した資料を徹底的に読み込み、事実関係を把握し、データを頭に入れていく。時には関連図書もしっかり読み込むのだった。

40年あまりの議員生活で33本という前人未到の数の議員立法を成立させた裏にはこうした地道な努力があった。

3軒まわったあとに、
4時間弱の睡眠で、起きたら勉強。

角栄の国会答弁の滑らかさには定評があった。しかし、それにはこうした陰での猛烈な努力があったのだ。

 

圧倒的努力!!!

努力の天才、田中角栄。
もっと彼のことを知りたいなと、
改めて思いましたよ。

「天才」よりも、
「努力の天才」と呼ばれたくないですか??
私はそう呼ばれたい。

だから彼を見習って、おこがましくも、
尾崎角栄を名乗らせていただくことにしましたw

 

 

彼のエピソードは、
資格の受験生にとっても、
知っておいて損はないなと。

一読してみて下さい。
きっとモチベーションにつながりますよ。

大臣は午前2時から猛勉強 「努力の天才」田中角栄|出世ナビ|NIKKEI STYLE
「天才」――。長年、田中角栄とライバル関係にあった石原慎太郎も角栄をこう評するようになったが、確かに側にいた人は「あれは天才だ」と証言することが多い。しかし、それだけではない。人には見せない必死の努力が角栄を「天才」たらしめていた。通商産業…

★★★★★★★★★★

【編集後記】

昨日は歯医者へ。
夜は池袋の入門講義。
いよいよ次回から基礎マスターです!

タイトルとURLをコピーしました