人生において大切な3つのション。

気づき
スポンサーリンク

 

今日、7月6日は「公認会計士の日」です。

403 Forbidden

1948年7月6日に、
公認会計法が制定されたことから、
その日を公認会計士の日と定めました。

そんな、公認会計士法と同い年の、
超超超超有名人の講演会が、
昨日、開催されたのです。

誰だか分かります?

ヒントは、

分割払いの金利手数料を負担してくれる、
テレビでよく見る、あの会社の創業者です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さすがに分かりましたよね。
そう、ジャパネットの髙田明さんです。

 

特に印象に残ったのは、3つのションの話。
ちょっとだけ書いておきます。

 

ミッション

何のためにやるのか?
何のために売るのか?

ミッションが、ビジネスにおいて、人生において、1番大切。

髙田さんは、ミッションについて、
徹底的に考えてきたとのこと。

ミッションがあるから、情熱もわいてくる。

 

パッション

髙田さんは、ご自身のことを、

「パッションの塊」

と表現していました。

だから、自然と、
あんな高い声になってしまうんだと。

想いがあるから伝わる。
何かを伝えたいなら、
まずはパッションを持つこと。
情熱を持てる対象を見つけること。

 

アクション

最後は行動。行動しなければなにも変わりません。

行動〜しなけれ〜ば〜NOと伝わらな〜い♪

という欅坂さんの歌もありますし。

行動しなければ、どれだけミッションを持ち、
パッションがあっても、
誰にも伝わりません。

行動しましょう。

ここまでが3つのションですが、
私はその3つに、

モチベーション

を加えたい。

ミッション、パッションを持ち、アクションする。
それらを支えるのは、日々のモチベーション。
1日だけのアクションでは足りません。
何かを変えたいなら、毎日、行動し続ける必要がある。
アクションし続けるモチベーションが、
必要だと思うのです。

 

ミッションパッションアクションモチベーション。
この4つがキーワード。
それらのうち、自分に何が足りないのか?
と考えてみるのもオススメです。

 

他にも、

・今を全力で生きる

・「つもり」になっていないか

・伝えると伝わるは大違い

・市場は自分で作り出す

・我見、離見、離見の見

・相手を満足させる

・伝え方の極意

・目標は変えていい

 

などなどなどなど楽しい話がたくさん。
90分を短く感じさせる。
時間ぴったりに終わる。
何万回と話してきた、経験と自信がある。

いやぁ、目指すべきところは、ここだなぁ。
行って良かった。
70歳とは思えない若々しさとエネルギー。
117歳まで生きると宣言しておりました。

講演の機会があったら、また観に行こう。

 

★★★★★★★★★★

【編集後記】

昨日は原稿。
昼には、髙田明さんの講演会。
夜は補習所のJ1ゼミナールでした。

 

タイトルとURLをコピーしました