自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

【18目標会計士論文】当日持って行くものをイメージしながら勉強。

time 2018/08/18

【18目標会計士論文】当日持って行くものをイメージしながら勉強。

 

来週が試験本番です。
論文受験生は、最終調整をしていることでしょう。

最後にやるべきことはいろいろな人からいろいろと聞いているでしょうし、
私も散々言ったり書いたりしてきました。
本当の最後は、試験当日です。

 

当日もバカにできない

試験開始は10:30です。
普段朝の7時から勉強している人にとっては、
遅すぎる開始と言ってもいいでしょう。

いつも通りの時間に会場に着けば、
3時間前後勉強することができます。

私も試験当日は、それくらいの時間に会場の最寄り駅に行き、
近くのカフェで勉強していました。

3時間あれば、けっこうなことができます。
ここまで勉強してきた人なら分かるでしょう。
テキスト1冊の確認だってできてしまいます。

これはバカにできません。
その3時間で、合否が変わることだって考えられます。
最後に見ていた論点から出題されるかもしれません。
直前に見ていたおかげで、ふと内容が思い出せるかもしれません。

 

迷っている時間はない

3時間あるとはいっても、3時間しかありません。
どの教材を見ようかなぁ~と迷っている時間がもったいない。

ですから、最後はこれだけを確認すればいい

という教材をあらかじめ決めておくと良いでしょう。

たとえば財務計算などは、テキスト数も多くて重たいですし、
全て持って行くのは現実的に不可能に近いです。
最後に確認したい論点のテキストだけ持って行くとか、
最後に確認したい答練だけ持って行くとか、
事前に決めておいた方がいいでしょう。

私は当日のために、ミスノートを作っておきました。
最後の最後にこれを確認しておきたい!
というものがコンパクトにまとまっているので、
役に立ちました。

デスノートよりもミスノート。書けば書くほど合格が近づく。

 

 

これからの勉強では、当日に何を持って行くかをイメージしましょう。
勉強していて「ちょっと不安だな」という論点があったら、
その教材を当日持って行くものリストに加えてみましょう。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は終日セミナーに参加。
これから1年間続くセミナーの第1回でした。
さっそくいろいろな刺激を受け、
このままではまずいなぁと再認識。

« 次の記事 【18目標会計士論文】今の私なら論文式試験の週に何をやるか。

前の記事 » 【会計士論文式試験】理論科目は最低でも答練はパーフェクトにしておこう。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031