自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

短答式本試験で9割を取った管理会計論の勉強法。

time 2016/07/11

短答式本試験で9割を取った管理会計論の勉強法。

 

かれこれ10年前の2006年に短答式試験を受験しました。

そのとき、管理会計論は9割を取りました。

そんな私の短答式の勉強法を振り返ってみます。

もちろん、いまとは全然出題傾向とか違っているでしょうし、

その辺差っ引いて下さいね。

年1回の5月短答しかありませんでしたし。

 

ちなみに私が受けたときは、短答式試験は2週間にわたっていました。

企業と監査が日曜日にあって、その翌週の日曜日に管理と財務です。

いまでは信じられないでしょ?

初日でうまくいけばいいですが、失敗した人はやる気なくなりますよね。。。

 

ベースはアクセス

当時、TACのテキストやトレーニングは個人的にあまり使い物にならず(汗)、

アクセス(早朝答練)をベースに復習していました。

(ちなみにいまは、教材もかなり改善され、テキストやトレーニングも充実していますよ。)

アクセスで網羅的に復習し、管理会計論の基礎計算力を身につけました。

アクセスは理論も充実していたので、とても重宝しました。

ちなみに当時のアクセスは短答向けというものはなく、

すべて論文向け教材でした。

 

原価計算基準は何回か通読

管理会計論では、原価計算基準からの出題が必ずあったので、

そこだけは点数を落としてはいけないと言われていました。

なので、原価計算基準だけは何回か通読しました。

しっかり本試験でも正答できました。

読みにくい文章ですが、繰り返し読んでいるうちに言い回しにも慣れ、

なんとなく分かってくるのではないかと。

 

短答答練

あとは当然のごとく短答答練をグルグル回転させました。

短答答練で出題された問題については、

同じような問題が出たら180%正答できるくらいまで仕上げます。

180%ですよ。

100%では、本試験の緊張やらなにやらで吹っ飛んじゃいますので。

寝てても解ける。

熱出してても解ける。

そう胸を張って言えるくらいまで解きまくること。

・・・寝てたらさすがに解けんか(^^;)

 

 

管理会計論は、他校の答練には手を出していませんが、

追加で買った教材があります。

トレーニング管理会計論の基礎マスター編です。

これは受験前年の夏休みにたくさん解いていた記憶があります。

ちょうどこれからの時期ですが、まだ上級に入る前でした。

12月短答の方は、今からやる必要はないでしょう。

 

短答式試験のための教材は、一切買っていません。

アクセスと短答答練で同じ問題を繰り返し解くこと。

こればかりだった記憶があります。

 

普段の答練ではさすがに9割取れた記憶はありません。

試験ではかなりうまくいきました。

管理会計論が終わった時点でほぼ合格を確信していましたので、

残る財務は気楽に受けられました。

2016-07-09 18.09.55

★★★★★★★★★★

【編集後記】

テキストの下書き大改訂のため、原稿に集中しています。

昨日もかなり捗りました。

タイマーの効果です。

 

【昨日の1日1挑】

ピーチサンドケーキ

 

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031