自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

受験勉強は飛行機のごとし。安全に着陸さえできれば過程は気にしない。

time 2018/12/03

受験勉強は飛行機のごとし。安全に着陸さえできれば過程は気にしない。

 

札幌、そして仙台へ出張でした。
移動は飛行機。

ピンポイントで安全に滑走路に着陸させるテクニック。
パイロットさん、いつもありがとうございます。
着陸の映像を見ながら感じたことがありまして。

これ、受験と一緒やん!と。

受験勉強におけるゴール。
それは間違いなく、試験合格です。
過程で学べることに価値があることも否定はしませんが、
難関資格になればなるほど、結果を出すか否かは大きな差になる。

合格しなければ、タダの人である。

と言った人がいますけど、まさにその通り。
試験で合格しなければ、意味が無いのです。

合格とは、飛行機で言うところの安全な着陸。
最終的に、ちゃんと目的地の空港に安全に着陸すれば、
空港の上で旋回したって航路が変わったって、構わないのです。

気流が悪そうな箇所を避けて遠回りしても、
目的地に辿り着けばいい。

資格試験の勉強も、やり方が仮にハチャメチャであっても、
合格という結果を出せればOKですよね。

スキーのジャンプでも大切なのは、
最後の着地ですよ、きっと(いや正確には知りませんけど)。
最長「不倒」というくらいですからね、
倒れず着地するのが重要なんです、きっと(いや正確には知りませんけど)。

無事に結果を出せるかどうか(着陸できるかどうか)。
合格という結果さえ出せばいいんですよね。
途中はもちろん大事だけど、
途中はいくらブレたっていいんですよ。
安全に着陸してくれれば。

受験期間中ずーーーっと勉強のことだけ考えられる人はいません。
気の迷いや、不安や、息抜きや、
時に脱走したり発狂したり。
いろいろあるかもしれませんけど、
最終的に合格してしまえば、万事OK。

独学だろうと予備校通っていようと、
受かればOKだし受からなければNGなのです。

短答式試験が迫ってきました。
ここまでの過程は忘れて、
無事に着陸することだけを考えて残り期間勉強していただければ。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

毎日ブログを読んで下さっているというSさん、
いつもありがとうございます。
役に立たない記事ばかりですがご容赦下さいw

仙台から新幹線で帰っています。

« 次の記事 覚えよ、されば合格は与えられん。

前の記事 » 想いがあるなら発信すべし。アクションなくしてリアクションなし。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

最近読んだ本

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31