箱根ターンパイクをひたすら登るレースに出てきました。つらいけど楽しいよ!

ランニング,マラソン
スポンサーリンク

 

山道最速王決定戦@箱根ターンパイクに出てきました。
振り返っておきましょう。

激坂最速王決定戦2020@箱根ターンパイク
激坂最速王決定戦 2020@箱根ターンパイク 2020年11月21日(土)アネスト岩田箱根ターンパイク

 

普段は走れない場所を走れる

ターンパイクは有料高速道路で、
普段は走ることはできません。

そこを貸し切って走れます。
こういうのは燃えますね。

東京駅から小田原まで新幹線。
東海道線に乗り換えて早川駅へ。
そこから徒歩10分弱ほどで会場です。

受付もありましたが、特に何も必要ありませんでした。
荷物を預けて、そこから5分ほど歩いてスタート地点へ。

ゲストの渋井陽子さん、ひたすら笑ってましたw
「走りたくないっす~」
「がむしゃらに下向いて走るしかないっすねぇ~」とも。

それくらい急な坂でした。。。

 

山の天気は。。。

序盤は良い天気でした。
暑すぎるくらいです。

ですが、スタート前の情報では、
「上の方は強風でやばいです」とのことでした。

まさかそんなことないだろう~と思いつつ走って行きます。

 

いい眺めです。

 

半分あたりから、徐々に雲行きが怪しくなり、
土砂降りになる時間帯もありました。

暑さが和らいだのでよかったですが、
山の天気は急に変わることを実感。

 

最終的には、前が見えないほど!!!
風もかなり強かったです。

 

9割しんどい

コースは、9割しんどいイメージ。
タイムを狙っていなくても9割しんどいので、
タイムを狙うとなると300割くらいしんどいでしょうね。

ひたすら登っているように見えますが、
ちょっとした平坦な箇所も、ほんのわずかだけあります。

10km過ぎると、下りも。
そこまで来て、そろそろおわりかな~と思って油断すると、
最後の激坂にやられますのでご注意を。

 

ラップはこんな感じ。

距離ラップ
108:05.2
208:42.0
308:45.3
408:24.1
508:44.0
608:28.7
707:59.3
808:12.4
908:13.0
1008:26.9
1106:42.6
1206:18.9
1307:21.8
1403:15.4

 

なんとかキロ9分を超えないように耐えました。

 

 

給水は5箇所あって、この距離にしては十分だと感じました。
トイレはあったのかな。。。記憶にありません(^^;)

参加者がそれほど多くもなく、混雑はほぼ感じません。
体育館も余裕で空いていて、着替えもそこで済ませられました。

箱根旅行の前後に、いかがでしょうか。
(私もそのパターンでしたw)

 

ちなみに年代別90位でして、
データ見てみたら。。。

http://hakone-saisoku.com/pdf/man_u39.pdf

154人中90位って。。。遅ッ!!!

いや、自分が遅いんじゃなく、
他の人が速すぎるということにしておきましょう。
なんたって、「最速王決定戦」ですからね。
変態しか出ないレースで90位は、まずまずでしょう。

本格シーズンが始まる前の練習レースとしては最適だな~と。
もしかしたら来年も出るかもしれません。
なかなか10km以上登り続けられる場所はありませんからね。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

再受験向け上級講義が終了しました。
12月短答なんとしても突破して下さい!
夜は水道橋で基礎マスター講義です。

タイトルとURLをコピーしました