自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

山口県の2歳児無事発見ニュースに思う、自分で考えること・行動することの大切さ。

time 2018/08/16

山口県の2歳児無事発見ニュースに思う、自分で考えること・行動することの大切さ。

 

無事でよかった・・・

https://www.hochi.co.jp/topics/20180816-OHT1T50050.html

同じくらいの年齢のこどもがいるので、
この手のニュースにはつい反応してしまいます。
本当に無事でよかった。。。

発見したのは、スーパーボランティアの方だそうな。

「子どもはこういうとき、下には下りずに上の方へ上っていく。
過去の経験からそれが分かっていた。」
とインタビューでコメントしてました。

おいおいおいおい!!!
それくらい救助隊が知らないわけなくない?
とも思ったのですが、いや、実際ほとんどの人は、
こどもが上にいきたがることなど知らないのかもしれないなと。

救助隊の人たちは、おそらく、
言われた範囲をただ言われるがまま探すだけだったのではないか。
今までも同じような状況に遭遇していたはずですが、
何人かけても見つけることができなかったわけです。

自分の頭で考えて仕事をしていないのではなかろうか。

その道のプロでもなんでもないボランティアの方が見つけられて、
プロの救助隊が見つけられない。
普段からプロ意識を持っていないとしか考えられない。
(救助が専門じゃないのかもしれませんが(^^;))

ちゃんと考えて、調べて、
2歳児の男の子が取りそうな行動、
行きそうな場所にあたりをつけていれば、
もっと発見は早かったのではないかと思うのです。

たまたまこのボランティアの方が発見しただけなのかもしれないけれど、
インタビューを見る限り、本気で探していたことだけは分かる。
誰よりも真剣に探していた。
それは仕事でもなんでもなく、
心から救ってあげたいという気持ちからでしょう。
救助隊の方のどれだけの人が、
ボランティアの方と同じほどの情熱で捜索していたでしょうか。
1割もいないのではないでしょうか。

とはいえ、こんなこどもの習性は、
実際に同じ状況に遭遇しないと分からないことでしょう。
ボランティアの方に過去の経験があったことが発見につながったのです。
行動から得た経験こそが、血肉になる。

普段からそういう心がけで仕事せなアカンなと。
自分の頭で考えているか。
現場に足を運んでいるか。

 

ちなみに救助隊の方を批判する意図はまったくなく、
普段の仕事で同じようなことになっていないか、
気をつけたいなという自戒を込めて書いてみました。
(実際ちゃんと考えて捜索している人もいるでしょうし)

多くの救助隊の懸命の捜索があったからこそ、
今回の発見につながったのは間違いないです。
(ボランティアの人たった一人では見つかってないはず)

 

とにかく無事で良かったです。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は五反田で仕事、打ち合わせ。
夕方からは新宿校にて質問コーナー。
夜は会食です。

« 次の記事 【会計士論文式試験】理論科目は最低でも答練はパーフェクトにしておこう。

前の記事 » 【18目標会計士】いまやらずしていつやるのか。悔いを残さないためにいまこそ勉強。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2018年8月
« 7月   9月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031