3歳になったばかりの娘をキッザニアに連れて行った話。

雑記
スポンサーリンク

 

キッザニア。

娘が4月末で3歳になったのと、
知人から割引券を入手したので行ってみることにしました。

行く前は、まだちょっと早いかな?
と思って少し迷いましたが、
このタイミングで行ってみて良かったです。

何事もやってみなければ分からないですからね。

豊洲と甲子園にしかない

キッザニア(KidZania)オフィシャルサイト|こども向けの職業体験型テーマパーク
キッザニア(KidZania)オフィシャルサイトへようこそ。3〜15歳のこどもを対象にした、楽しみながら社会のしくみが学べる「こどもが主役の街」です。約100種類の仕事やサービスが体験できます。キッザニアは日本国内に「東京」「甲子園」と2ヶ所あります。

キッザニア。
聞いたことはあれど、詳細は調べたことはありませんでした。
東京では豊洲にしかなく、関西だと甲子園にあるようです。

もっとあちこちにあるものだと勝手に思い込んでました(^^;)
けっこう貴重な経験だったのかもしれません。

 

事前予約がオススメ

知人の従業員割引でしたので、事前に予約して行きました。
9時から15時の1部と、16時から21時の2部があり、
私は日曜日の1部に行きました。

着いたのは9時頃なのですが、
チケット購入に相当な行列ができていました。
おそらく、2部の当日チケットの列でしょう。

予約していたので、まったく並ばず入ることができました。
行く日が決まっているなら、
早めに予約していくことをオススメします。

 

人気のものはすぐ予約が埋まる

9時に着きましたが、開場は30分前。
すぐ、予約でいっぱいになってしまうものもあります。

お菓子工場はすでに受付終了。
予約していると、他のアクティビティができないシステムなので、
これを14時くらいから予約した人は、
本当にこのためだけに来たって感じなのでしょうね。

どうしてもやりたいものがあるなら、
早めに到着する必要がありそうですが、
特に目当てのものがないなら、焦らなくても大丈夫です。

たくさんアクティビティはあります。

全部制覇しようと思ったら、毎週行っても数ヶ月はかかりそうです。
1日にできたとして、どんなに多くても10個かな~と。

 

街全体が夜になっている(?)想定のようで、
スタッフの人はみんな「こんばんは~」と声かけてました。
大人の世界は夜!ということなのでしょうか。。。

 

3歳になりたてだとちょっと早いかも!?

1歳になる前から保育園に通っている娘ですが、
やはりまだ知らない人と知らない場所で
知らないことをするのはこわかったようです。

ソフトクリームならやってくれると思って
最初にソフトクリームショップに連れて行ったものの、
直前になってやりたくなくなってしまい、
最終的にはガン泣き。。。

徐々に慣れてきて、手紙を出しに行くアルバイトと、
抱っこしながらのノート作りはできましたが。


3歳だと楽しくできそうなものは限られそうです。

3歳児にオススメのアクティビティは、別途紙でもらえました。
優しいお姉さんが道に立っていて助かりました。

 

他にもいろいろ面白そうなものがありましたよ。

 

銀行にはキッザニア内でのお金を預けられます。
カードもちゃんと発行してくれますし、
次回引き出すこともできます。

本当は1人で入らなきゃいけないのですが、
あまりにも泣いてしまったのでお姉さんが付いてくれました。
外で見守ることしかできない親は、ドキドキそわそわです。
まだまだ子離れできそうにありません笑。

このシステムは、リピートしたくなりますね。
もう少しお金について知ったら、
稼ぐのが楽しくて仕方なくなるかもしれません。
そのうち、毎週行きたい!と言い出すかも。。。

 

このキャラクターは非常に気に入った様子でした。

 

最後は、自分で作ったノートにご満悦の様子でした。

 

中には飲食店もあり、大人も楽しく過ごせます。
もう少し大きくなったらまた連れてきます。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は上級講義10回目です。

 

【睡眠記録】
22:30~5:50

タイトルとURLをコピーしました