自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

勝手な時間の見積りほど当てにならないものはない。重たい仕事こそまず手を動かしてみよう。

time 2017/04/13

勝手な時間の見積りほど当てにならないものはない。重たい仕事こそまず手を動かしてみよう。

 

ある仕事にどれくらい時間がかかるか事前に見積もり、
その時間を確保しておくことがあります。

先日、ちょっと重ための仕事があり、
だいたいこれくらいかかるだろうな~、
と見積もっておきました。

その見積り時間を考えると、
重たすぎて、なかなか手が動かなくなりました。

結果、延ばし延ばし、先送り先送りで、
簡単に終わる細かい仕事ばかりに時間を費やしていたのです。

 

これはさすがにマズい!と思って、
その重たい仕事に着手しました。

すると、、、

想定時間の3分の1くらいで済んでしまったのです。

いかに時間の見積りが当てにならないか。
改めて感じてしまったのです。

手を動かす前にあれこれ考えて時間の想定をしようとしても、
それは空想の世界であって、現実とはほど遠くなってしまいます。

特に、重たい(重たそう)な仕事であればあるほど、
そのギャップは広がっていくでしょう。

例えば簡単なメールの返信であれば、見積って3分のところ、
実際が2分だったり、5分だったりするくらいです。

それが、重たい仕事だと、10時間かかると見積もっても、
実際は3時間だったり、20時間だったりする可能性があります。

この差はあまりにも大きいです。

このような事態を防ぐためには、
まずちょっとだけでも手を動かしてみる。
そうすると、なんとなく感触が掴めます。

例えば30分だけ作業してみて、5分の1進んでいたら、
おそらくあと3時間もあれば終わる、と見積もれます。

すぐやる、あとで直す。
まずやる、あとで直す。

まず手を動かしてから、
その後のことを考えてみたほうがいいかもしれません。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日はMTGからの原稿チェック、
その後渋谷で質問待機、夜は収録です。

 

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930