自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

問題文に隠された意図を探ってから解いていこう。

time 2019/06/11

問題文に隠された意図を探ってから解いていこう。

 

問題文を読んでも、すぐに解いてはいけません。

多くの方は上記のように、
問題文を読んで、そのまま解いて、
解答を記入しているでしょう。

これは事実であり、
そうしないと解けないですから、
まぁ、間違ってはいません。

しかし、ただ目の前の問題文を読んで、
そのまま解こうとすると、
隠された落とし穴に落ちてしまう可能性があります。

問題文には、必ず意図があります。
問いたい論点が隠れています。

 

作問者は、

「受験生が果たしてこの論点をちゃんと理解しているか?」

を、試してやろうと思って作問しています。
試験とは、まさに、試すものなのですから。
問いたい論点が具現化したもの、
それが問題文なのです。

ですから、

「問われている論点が何なのか?」

まずはそこに思いを巡らすことが大切。
そうすることで、引っかけに気づきやすくなります。
くだらないミスも圧倒的に減らすことができるはずです。

私が財務計算の問題を解くときは、
まさにこのようなことを考えています。
(財務計算はほとんどの論点が染みついていますので、
実際には頭を使わず身体で解いているのですが)

 

出題者の意図を読む

これですね。

相手がこの問題で何を問うているのか。
どういった能力を試そうとしているのか。

ここまで考えながら問題を解くことができるようになると、
圧倒的に他者と差を付けられるでしょう。
ほとんどの人はそこまで考えていないはずですから。

初見の問題でこそ、
このようなことを意識していただければ。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

昨日は直前答練2回目の解説でした。

 

関連記事

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

↓↓↓↓↓

 

YouTube始めました! 試験勉強に役立つ情報を提供しています。

 

ザキオチャンネル

 

よろしければチャンネル登録していただけると嬉しいです!

« 次の記事 やりたいことに少しでも近づいている人生を送っていきたいものである。

前の記事 » 人生即是勉強。勉強即是人生。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味はマラソン、トライアスロン。勉強法について学び続け、伝えています。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

新作書籍「勉強法のキホン」受験生にオススメ!



最近読んだ本

カレンダー

2019年6月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930