自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

真の初見問題への対応方法は、無視するかじっくり解くか。

time 2018/06/15

真の初見問題への対応方法は、無視するかじっくり解くか。

 

どんな問題でも、初めて解くときは、
誰にとっても文字どおり「初見」になります。
しかし、論点としては知っていたり、
形式的にもどこかで見たことがあるような問題も出題されます。

昨年の論文式試験の第3問は、
リースも吸収合併も、初見ではないような問題でした。

本当の意味で「初見」の問題は、
その論点「知らんがな」という問題。

例えば5月短答に出題された、
賞与引当金じゃなくて未払費用になるとか、
昨年出題された建設協力金などですね。

本当にまったく知らんがな、という論点。
これを「真の初見」と名付けます。

 

真の初見問題が出題されたときの対応方法は、
主に2つあると考えています。

いずれも、指示に着目しましょう。

 

無視法

そのまんまです。
管理会計論で習いましたよね?
無視しましょう。

知らんがな一蹴法ともいいます。

知らんがな、と一言つぶやいて、飛ばしてしまう。

真の初見の問題で、指示があいまいなケース。
もしくはまったく指示がない場合もあるでしょう。

見たことなくて、指示もない。
これはもうお手上げです。

よっぽどのこと(問題の流れから分かるとか、
理論にヒントがあるとか)がない限り、
後回しして下さい。

 

指示に従う法

作問側もある程度こちらのレベル感を把握していますので、
明らかに難しすぎる場合には、指示が詳細に書かれることも。

このような問題は、じっくり読み進めていけば解けることがあります。
むしろ意外とあっさり解けてしまうこともあり得ます。

 

 

 

見たことのない論点が出題されたときに、
手を付けるかどうかの判断基準の一つとして、
指示が詳細に書かれているか(誘導的になっているか)
を意識してみましょう。

見たことないから何も考えずすっとばす

これはあまりオススメできません。

特に論文は計算の箇所が少ないですから、
なるべくチラッとは目を通すようにしてみていただければ。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は五反田で仕事のあと、
渋谷で答練解説です。

 

【睡眠記録】
1:30~7:30

« 次の記事 仕事を早く終わらせるためにすべきこと。勉強にも通じるよん。

前の記事 » 目立つコツは、インパクト・普通じゃない・大量

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

最近読んだ本

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930