自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

致知2018年3月号を読み、なぜ致知を読むのかを考えた。

time 2018/06/12

致知2018年3月号を読み、なぜ致知を読むのかを考えた。

 

致知2018年3月号を読みました。
もう7月号が届いているんですけどね。。。

 

今回の個人的ハイライトはこれ。

病が私に人生の意味を教えてくれた

というインタビュー記事。
アフラックのCMにも出演していた山下弘子さんという方で、
19歳で余命半年宣告をされながらも、
25歳まで元気で(?)生きていらっしゃる方。

このときまで、は。

このインタビュー記事のあと、
3月25日に亡くなられました。

 

19歳という若さで受けた余命宣告。。。

一度はうまくいったはずの手術の後、転移の宣告。。。

全身に広がる薬疹。。。

 

想像を絶することで、
言葉になりません。

それでも、起きたことは起きたこと。
それにどう意味づけするかは自分次第であると捉え、
積極的に講演活動等を続けてきたのです。

自分が19歳で同じような宣告を受けていたら、
同じようには振る舞えないだろうなと。

いまのところ健康体である自分が、
ぬくぬくと、惰眠をむさぼっていてはいかん。

彼女のように、生きていたことの証を、
何らかの形で少しでも残したい。
その思いを強くさせてくれました。

で、なぜ致知を読み続けているか。
人間力を高めたいとか、
これくらい読むべきでしょうとか、
いろいろあるわけですけども、

自分が駄目な人間だから

ということに気づきました。
世の中にはこんなにも戦っている人がいるのです。
自分は駄目人間なのでそのことをすぐ忘れてしまうのです。

命の大切さ。
時間の大切さ。
人生とは何か。
どう生きていくべきなのか。
感謝の心。
ご縁の大切さ。
一所懸命に打ち込むことの素晴らしさ。

致知を読むことで最低でも月1回は、
そのようなことに思考を巡らす機会が強制的にやってきます。

月に1度背筋をピンと伸ばしてくれる致知を、
これからも読み続けていこうと思わせてくれる3月号でした。

全力で生きよう。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は原稿。
テキストの改善を繰り返しています。

 

【睡眠記録】
0:00~7:00

« 次の記事 浪費をしそうになったら、その前にAmazonへ。

前の記事 » ゲームが好きならゲーム性を取り入れて勉強も楽しくクリアしちゃいましょう!!

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

最近読んだ本

カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930