資格は自由な生き方への入り口に過ぎない。

勉強法
スポンサーリンク

 

先日、友人のメルマガに、

興味深い記事があったので、

紹介しておこう。

 

(以下転載)—————————
士業のような取得に苦労した資格になればなるほど、
その資格らしい仕事に特化しがちだと感じています。


中小企業診断士にはコレといった業務はありませんが、
例えば税理士であれば、会計・税務というように。

それをやりたくて資格を取ったのですから、
もちろんそうしたい気持ちは分かります。

その一方で、もっと資格を軽く考えても良いのでは?
とも感じています。


運転免許くらいに思っても良いのではないでしょうか。

運転免許を持っていても、
車の運転が上手な人もいれば、下手な人もいます。

運転免許を持っていたからと言って、
全員が車関係の仕事をしているわけではありません。

同じように資格取得者であっても、
その仕事レベルが高い人もいれば、低い人もいます。

税理士を持っているからと言って、
会計・税務以外の仕事をしてはならないわけではありません。


運転免許を持っていれば、
ドライブに出かけたり、速く移動することができたりします。

車が好きで、運転が好きな人たちが集まって、
何かのイベントをすることもあるでしょう。

同じように、士業の資格もそれを使って
遊ぶくらいでちょうどいいのでは、と考えています。

—————————(転載終わり)

 

まさにその通り。

会計士という資格を取ったからといって、

それに縛られる必要性はまったくない。

 

もちろん、会計士として監査業務を全うするのもありだろう。

しかし、会計士という資格の最大のメリットは、

自由を得られるところにある。

何をやってもいいのだ。

 

一般企業に勤めてもいいし、

監査法人に勤めてもいい。

ベンチャーの役員になってもいいし、

税理士になってもいい。

コンサルをやってもいいし、

外資にいってもいい。

予備校講師にだってなれるかもしれない。

 

資格は、それによって人生を豊かにするものであって、

自分の人生を縛るものでは決してない。

これから資格を目指そうと思っている人、

すでに目指している人には、

このことを強くお伝えしておきたい。

 

 

紹介したメルマガ登録は以下からできます。

メルマガ「経営は100種競技!」ご登録|中小企業のデータ経営
このメルマガを読むことで得られること 執筆者である渋屋(しぶや)が、コンサルティングや研修で、経営者・ビジネスパーソンに

将来独立したいと漠然と考えている人には特にオススメ。

2016-03-17 08.07.01

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は横浜トライアスロンの応援をして、

夜は友人の結婚式二次会。

充実した日曜日を過ごせました。

 

【昨日の1日1挑】

ハーシーズ シュークリーム

 

ないすとぅみーとぅ!

 

タイトルとURLをコピーしました