【Vol.333】JALを再生させた稲盛さんが真っ先に見たものは。

気づき
スポンサーリンク

 

数字

いつもお読みいただきありがとうございます。

 

ちょっと古いですが,週刊ダイヤモンドの特集「稲盛経営解剖」から。

[amazonjs asin=”B00D7H501W” locale=”JP” title=”週刊 ダイヤモンド 2013年 6/22号 雑誌”]

 

とても印象的だった言葉を紹介します。

 

『つぶれた会社は企業経営の根幹に何か欠陥があるんだろうと,まずは幹部連中に「経営とは会計学的な計数を見てするのが基本です。だから,いまJALはどうなっているのか,月々の決算を見たい」と言いました。』

 

これですよ。

稲盛さんが最初に見たものは,決算,数字なんです。

数字が分からなければ,会社を再生することなどできないということ。ということは,会社を潰さないためにも当然ながら数字のことを理解しておく必要があるわけです。

 

 

ちなみにこの雑誌の17ページには,ミクシィの新社長になった朝倉さんの記事も載っています。

実は朝倉さんも,MG経験者なのです!私も3度ほど,ご一緒させていただいたことがあります。

当時はまだ執行役員でしたが,やはり考え方が優れている,頭が切れる,そんな印象を受けました。飲み込みも早かったですね。

 

MGを経験し,継続することで,決算というものを理解できますし,儲けるためにはどういったことに気をつけなければならないかも分かります。

(MGってなに?気になる方はこちら!)

 

とはいえいきなりMGに参加するのはちょっと,,,という方もいるでしょう。

そんなあなたのために,MGの考え方を交えたセミナーを開催します。MG入門の入門,といったイメージです。

最低限ここだけは知っておきましょう!というポイントに絞ってお話しさせていただきますので,数字が苦手な方でも大丈夫です。

ご興味ある方は,以下からお申し込み下さい。お待ちしています。

11月2日 第2回 起業する前に最低限知っておくべき数字の話
■こんにちは。尾崎(オザキ)と申します。  現在、公認会計士として、会計関連業務に携わりながら、公認会計士を目指す人たちを教育、指導しております。  この度、公認会計士である私自身の経験を踏まえた、起業に興味がある人のための  『第2回 ...

 

 

最後までお読みいただき本当にありがとうございます。

複利のような逓増人生を。

タイトルとURLをコピーしました