バラモンキング2017完走記その50~えぇ。。さんを抜く~

トライアスロン
スポンサーリンク

 

バラモンキング2017の完走記シリーズ。

第1回からぜひどうぞ↓↓↓

 

登場人物はこちら↓↓↓

そしてまたしばらく進むと、2km付近でえぇ。。さんに追いついた。

えぇ。。さんは僕の背中を見ながら、
少しでも、、、と走っていたらしい。

ただ、完走を求めて・・【バラモンキング2017悶絶記3】|中小企業診断士、士業の独立・起業
3度目となる五島長崎国際トライアスロン(バラモンキング)。 まさかバイクシューズを忘れるというミスを犯す。 走り始めてからは「これはネタになる」「新たな伝説を作る」と自分に言い聞かせ、奮起して走ったものの、 実態はただの

自分の行為が誰かに影響を及ぼし、
その誰かがまた誰かに影響を及ぼす。
すべては1人の行動から。

そしてその行動は、本人は無自覚だったりするものだ。
人に良い影響を与えていける人生を目指したい。

後から発覚した、えぇ。。さんのバイクシューズなし事件。
僕ならどうしただろうか。
スタートはしていただろうが、どこかで心が折れていただろう。

 

えぇ。。さんはポセイ丼の同期。

スイムは元々得意で、チーム最速。
ランチームで2人しかいないサブ3.5ランナーの1人でもある。
唯一の弱点だったバイクも、
徹底的なトレーニングでかなり克服してきていた。
弱点はほぼなくなりつつある。

トライアスロンをやりながら独立も果たし、
会社員時代以上に稼いでいる男だ。

 

チーム結成当初はキャラ作りに悩み、
面白くなるためにどうすればよいか
徹底的に研究し試行錯誤を重ねた結果、
今では身体を張った面白プレーも目立つようになってきた。

まさかシューズを持たずにレースに出るとは。
身体張りすぎにもほどがあるが、
やるときは徹底的にやるんだと。
見習うべき事がたくさんある。

4月のハセツネ30Kの写真だがよく見ると全員ポセイ丼。

えぇ。。さんとはランのタイムが近いこともあり(?)、
同じレースに出る機会が多い。

東扇島トライアスロンや神奈川ハーフ、
トレイルデビューも同じレースだった。

そんなえぇ。。さんを抜いて最後の1往復を駆けていく。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

横浜、町田へ質問コーナー。

途中豪雨に降られて大変でした(^^;)

 

【昨日のトレーニング】

なし

タイトルとURLをコピーしました