自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

計算問題を解いていてちょっと詰まったときの対処法。

time 2018/04/09

計算問題を解いていてちょっと詰まったときの対処法。

 

初めてみる問題は、仮に見たことある論点でも、
金額がいつもと違うのでちょっと解くのに詰まることがあります。

そんなときに、ウダウダ悩んでいる時間はありません。
その場でなんとか対応する必要があります。

自分が受験時代使っていた対処法です。

 

単純に考える

単純に考えてみましょう。
単純な例を自分で考えちゃうのです。

問題にある数値を使って考えようとすると、
複雑になる可能性があります。

同じパターンを、簡単な数値に置き換えてみるのです。

たとえば原価率や利益率絡みで悩んだら、
売価100、原価80、利益20で考えてみる。

その数値関係を考えてから、
問題に当てはめてみましょう。

理論でいえば、
規範定立→当てはめ
みたいなイメージでしょうかね。

 

極端に考える

一つ目に近い部分もありますが、
極端な数値を考えるとスッと入ってくることもあります。

1ドル100円が1ドル102円になっただけでは動きがわかりにくいですが、
1ドル100円が1ドル10000円になったらどんなインパクトがあるか?

と考えると、イメージしやすいですよね。

現実的かどうかは置いといて、
細かい数値でわかりにくければ、極端に考えてみましょう。

子会社1社だとあまり連結作るの大変に感じませんが、
子会社が100社いたらどうなるか考えれば、
連結の大変さがイメージできますよね。

 

例題に置き換える

最後はこれ。
テキストの例題に置き換えて考えましょう。

このパターンはテキスト○の例題○-○と同じやな!

と気づくことができれば、あとは解けたも同然です。

事業分離なんかは分かりやすいですね。
これは新規子会社でかつ段階取得だから、
テキスト⑧の例題4-5だな!

と思えればもう正解はすぐそこですから。

そのためには、テキストの基本パターンを体に染みこませておく必要があります。
染みこませるんですよ。
しみチョココーンばりに染みこませるんです。

それには相当な鍛錬が必要です。
でもそこまでいったら7割は取れる。

ですから、なんとか例題レベルは身につけて欲しいんです。
口酸っぱく言い続けます。

★★★★★★★★★★

単純に・極端に。
そして最後は基礎に置き換える。

すべては基礎の積み重ね。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は五反田→渋谷上級講義です。

 

【睡眠記録】
1:30~6:20

« 次の記事 日商簿記検定3級の出題が、個人商店から株式会社に変わります。2019年6月試験より。

前の記事 » 小さき者が取るべき戦略。目立てる場所へ移動せよ。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2018年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30