自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

はじめの1歩は強制力から。ときには強制してあげる。

time 2018/02/12

はじめの1歩は強制力から。ときには強制してあげる。

 

最初は強制力こそが重要だったりするものです。

連休の真ん中にお台場へ行ってました。

フジテレビのパン祭りからの、
ヴィーナスフォート。

妻が買い物したいのと、ポケモンゲットしたいというのでw

妻がフリーで買い物している間、
私は広場のプレイランドに娘を連れて行きました。

お台場のヴィーナスフォートの真ん中スペース、
たいてい休日は何かしらのイベントやっている印象です。

今回もやってました。

子供1人につき1000円!!!!!

まぁ、そんなもんでしょう。

ありがたいことに何回でも乗り放題やり放題。
1回300円とかで無限ループされるよりはマシですね。

3種類あったのですが、
最初に並んでいた滑り台は、
怖くなったのか断念。

次のエリアは怖くなさそうでしたが、
「パパと一緒に入る~~~~(T_T)」と、
かなり渋っておりました。

「パパは上から見てるから大丈夫だよ」と
説得に説得を重ねても、どうしても嫌な様子。

順番が来ても嫌がっていたので、
無理矢理壁の上からそっと放り込んであげました。

 

 

 

2秒後・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウルトラはしゃいでました。

着ていた上着も靴下も脱いで本気モードです。

これは3分間の交替制。
時間が来て、私が抱っこしてまた壁の外に出してあげると、

「もっかいやるぅ~~」

と。

列に並び、3分待って、また遊びます。

結局5回やりました。
止めなかったら10回でも20回でもやってたでしょうね(^^;)

やっぱりこどもは体を動かして遊ぶのが大好きなんだなぁ~
と思いつつ、最初の1歩は手助けしてあげることが大事だと感じました。
これ、おとなも同じではなかろうかと。

1度体験してみて、それでも嫌ならやめればいい話。
無理矢理やらせてみて嫌がったら帰れば良いのですから。

やらせてみなければ、その世界がどんなものか分かりません。
これはこどももおとなも同じでしょう。

新しい世界に飛び込むためには、強制力が必要。

フルマラソンは、仲間と東京マラソンに申し込んで、
たまたま当たったことが始まりでしたし、
トライアスロンもランの仲間たちが続々完走していて、
みんなで同じ大会に申し込んだのが始まりでした。

一人では何も始めることはできなかったはず。
1歩目は強制されてやるくらいがちょうど良い。
その後のことは、その後決めたらいいんです。

無理矢理やらせるのはよくない!
という風潮もありますが、
そんな時代だからこそ、あえて強制力を働かせてみる。

ライザップはその典型でしょう。
今は、お金を払って強制力を買う時代なのです。
そのほうが成果が出るなら、悪くないですよね。

 

最近強制してますか?強制されてますか?

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は9時からSkypeミーティング。

事業計画策定しつつ、夜は講義です。
前回の繰延分があるので、がんばらねば。。。

 

【睡眠記録】

22:00~7:00
家族全員、昼寝もせず歩き回り熟睡。

« 次の記事 平昌オリンピック女子スノーボードの悲劇から学べることは。

前の記事 » 組み合わせれば、無限大。「×」は最高の記号である。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728