自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

機会を得るための一番簡単な方法は、「機会をつくる」こと。

time 2018/01/14

機会を得るための一番簡単な方法は、「機会をつくる」こと。

 

美味しくて健康的なものを食べたいのなら、
自分で作ることです。

(私は一切手を加えていませんw)

 

したいことあるけど機会がない。。。

やりたいこと、やってみたいことがあるけど、
その機会がないもしくは機会はあっても諸事情で参加できない
(たとえばお財布を伴侶に握られているとか)
ことってありますよね。

 

そんなときに取れる選択肢は3つありまして、

もっともっとリサーチしてなんとか機会を探す

諦める

のどちらかに落ち着く人が大半だと思うのですが、

自分で機会をつくる

というのが理想的です。

 

読書会なら簡単に機会をつくれる

よくあるのが「読書会」ですね。

これは、機会自体はそこら中にあるでしょうが、

「自分の読みたい本」

じゃないことがほとんどなわけです。

読みたいんだけど分厚くて躊躇している本なんかがあったら、
それをテーマに読書会を企画してしまえばいいんです。
必然的に読むことになりますからね。

 

学びたいテーマの専門家を呼んでしゃべってもらうのもアリでしょう。
自分が提供するのは会場と人だけ。
だれも来なかったらマンツーで学べてお得。
こういうことをやっている人は周りにも多いです。

 

意外といいなと思ったのが、映画の上映会。
映画館に一人か二人で行ってもあまり発展性がないですが、
数人~十数人で見ると、
その後の意見交換などでいろいろ盛り上がって面白いようです。

「シンゴジラを見る会」というのを仲間がやっていて、
参加できなかったけど面白そうでした。
映画自体はほとんど見ませんが、
それなら映画も悪くないかな、と。

 

未来を予測するためには、、、

こんな記事に遭遇。

http://bunshun.jp/articles/-/5318?page=2

ここにも、

パーソナルコンピュータの父とされるアラン・ケイに有名な言葉がある。「未来を予測する最も確実な方法は、それをつくることだ」。

と紹介されています。たまたま見つけた。
自分でつくれば、確実に実現できるわけですね。
(その中にも不確実性があるので面白いのですが)

 

やりたいことがあるなら、自分で機会をつくってみては。

 

おまけですがさっきの記事の次のページ。

http://bunshun.jp/articles/-/5318?page=3

会計学が大事と言われております。

読めないよりは読めた方がいいですが、
PLBSだけ読めてもビジネスに活かせなかったら意味ないので、
できればその先の管理会計まだ踏み込みたいところ。
そして理想はその先の戦略会計まで。。。

戦略会計を学びたい人はMGやりましょう!

★★★★★★★★★★

【編集後記】

昨日はMGのあと、懇親会。
終電を逃し、東京に住んでいながら東京に泊まることになりました。

MG2日目を終え、今日は家族で夕食。
家の肉をひたすら消費します。

 

【睡眠記録】
3:00~9:00
7時過ぎに目覚めたけど起きる気にならず。。

« 次の記事 最高な経営のための3要素とは、戦略経営・全員経営・科学経営

前の記事 » 糖質制限の強い味方。ランチで糖質カットしたいならオススメの筋肉食堂水道橋店。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031