自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

会計士受験生は序章だけでも読む価値あり。「学習の作法」

time 2018/01/07

会計士受験生は序章だけでも読む価値あり。「学習の作法」

 

中高生向けの書籍と思って侮るなかれ。

会計士受験にも使える考え方が満載でした。
序章だけでも読む価値があります。
むしろ序章だけを3回読んだほうが良いでしょう。

 

本書では学習の作法を、

1.できるようにする

2.できることをさらに繰り返す

3.分析する

4.俯瞰する

5.自分で説明できるようにする

の5つに分けて説明しています。

それぞれが各章で深掘りされているのですが、
私が特に注目した3点について簡単に。

 

できるようにする、とは?

1つめの作法として挙げられている
「できるようにする」について、本書では、

①満点をとれるようにする

②時間内にできるようになるまでやる

③即答できるまで繰り返す

の3つの段階に分けています。

注目すべきは、「即答できるまで繰り返す」に言及していること。
即答できるレベルになって初めて、「できる」と言えるのです。

私も講義内で「完璧にできるように」とよく言いますが、
そこで言う「完璧に」とは、このレベルをイメージしています。

考えずとも瞬発的に解答できるレベルが理想です。
成績上位者は、おそらくそこまでやっています。

 

さらに繰り返す

そして、上位者になればなるほど、
同じことを飽きずに何度も繰り返します。

人間、飽きてしまったら繰り返せないはずなんですよ。
だから、上位者は、飽きない工夫をしています。

同じ問題でも毎回意識を変えて解くんです。
重視するポイントを変えれば、10回くらい解いても飽きないはず。

本書では、できることをさらに繰り返すことを
推奨している点に共感できます。

 

説明できるようにする

これは応用の位置づけとなっていますが、非常に大切なことです。

論文式試験では、採点者に文章で説明をする必要があります。
誰かに何かを説明することをいつも意識しておくことが大切。

ラーニングピラミッドでも、人に教えることが、
一番定着する学び方だと言われてますよね。

学んだことは誰かに説明してみる。
説明相手がいなくても、誰かに説明するつもりで復習する。

それによって学習効率がグッと高まります。


即答できるレベルまで。
それを何度も繰り返し。
人に説明できるように。

時間がない人は、序章だけで十分価値がありますので、
立ち読みでもしてみてはいかがでしょうか。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日午前中は家族で飛鳥山公園へ。

妻と娘が昼寝している間に明日の予習です。

« 次の記事 面倒くさいはチャンスです!改善の一手を考えるきっかけに。

前の記事 » ひとまず懸念の第一段階は突破できたような気がするのでゴリゴリいろいろやっていこうかと。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031