自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

【会計士】年末年始オススメの過ごし方5選!

time 2017/12/27

【会計士】年末年始オススメの過ごし方5選!

 

年末年始の勉強法についてよく質問を受けますので、
ちょっと整理しておきます。

どれか1つを選んでいただいてもいいですし、
いくつかを組み合わせることもできます。

 

1.租税法・選択科目に集中

短答式の科目から一回離れて、
年末年始は租税法・選択科目のみ勉強してみましょう。

講義がたまっているのであれば、消化するまたとないチャンス。

自習する気が起きなかったとしても、
講義を聞くだけなら、まだできそうな気がしますよね。

 

2.総学習時間を決めてやる

たとえば、「12月28日から1月3日までの7日間で50時間やる!」
と決めてその達成を目指すやり方があります。

年末年始にだらけてしまうのは仕方ない。せめて計画を立てて実現する達成感を味わおう。

夏休みの宿題みたいなもので、早く終えれば後が楽だし、
サボってしまうと後がしんどくなるやつです。

箱根駅伝を見たい人は年内にやり切ってしまいましょう。

 

3.毎日の小さな目標を立てる

普段8時間勉強している人は、半分の4時間を目標にしてみる。
3分の1くらいでもいいかもしれません。

年末年始、想像以上にやる気が出てきません。
であるならば、せめて達成感を得られたほうがいいです。
低めの目標を立てて、毎日達成感を得ていきましょう。

もちろん普段と変わらず勉強できる人は普段通りの計画でOKですよ。

 

4.苦手論点に集中する

今までなんとなく避けてきた論点があるならば、
講義も大学も仕事もないこのタイミングで、
集中して潰しておくのも手です。

1週間ず~~~~っとその論点と向き合い続けると、
苦手意識もちょっとずつなくなってきます。

「この論点とこの論点だけは最低でも潰す」
と決めて年末年始を過ごすのもいいですね。

 

5.全くやらない!

最後の手段は、割り切ってしまうこと。
どうせやる気も出ないし、
周りのみんなもあんまりやってないだろうから、
中途半端にやるくらいなら全くやらない。

これはこれで、アリだと思っています。
試験が年明け早々にあるわけでもないですからね。

むしろ、大学生であれば期末試験が近いはずですので、
そちらの勉強時間にあてるのもアリでしょう。

 

 

 

ま、2年前はこういった厳しいこと書いてるんですけどね(^^;)

年末年始で90倍の差が付く!ここからの9日間で本気を出せるか?

このとき書いたことは事実です。
できるなら、そりゃ勉強したほうがいいですからね。

ただ、ここまでハードに勉強するのは実際難しいですから、
せめて何らかのテーマを持って過ごしていただければいいんじゃないかと。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は打ち合わせ→美容院→地元へ。
合間で原稿を進めます。
夜は友人と飲み、そのまま実家に泊まる予定です。

« 次の記事 年末年始もリズムを崩さず生活したいあなたがするべきたった1つのこと。

前の記事 » 会計の良い面も悪い面も、すべて数値化されるところにある。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031