自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

論文落ちた後の僕の頭の中と行動。

time 2017/11/19

論文落ちた後の僕の頭の中と行動。

 

忘れもしない、2006年11月20日。

初めての論文合格発表日です。

http://www.fsa.go.jp/cpaaob/kouninkaikeishi-shiken/ronbungoukaku18_a.html

 

新試験制度になってから初めての試験でした。

私は落ちまして、科目合格もありませんでした。
平凡な成績で落ちたわけです。

 

その日は、同じく落ちた同じクラスの友達と、
横浜の居酒屋で飲みました。

2人とも同じクラスで数少ない短答突破組で、
論文も合格できる成績を残していたんですけどね(^^;)

直後に奨学生試験があったので受験。
ただ、全然できず、割引もほとんどもらえませんでした。。。

11月下旬にはTACの上級クラスに申し込み、受講を再開。

「諦める」という選択肢はその時点ではまったくありませんでした。
まだ大学3年生でしたしね。
受験も3回まで!と決めていましたので。

 

で12月中に計算を元に戻そうと。
論文から合格発表まで何もしていませんでしたので、
とにかく計算の勘をを取り戻すため、
前年のアクセスを解きまくりました。

やればすぐ思い出します。

計算を解きまくりつつ、
短答免除上級講義(当時はハイレベル上級というコースでした)を消化。

 

3月の全国模試で2桁順位

 

と決めて、特に年内はガムシャラに勉強しました。
(当時は3月に全国模試1回目でした)

結局、勉強の不安は、
勉強することでしか解消されないんですよ。

だったら徹底的にやろうと。
圧倒的な成績で受かってやろうと。

そんな思いで勉強を再開したのでした。

 

もし今後のことで迷うことがあれば、
些細なことでも連絡お待ちしております。

 

それにしても、監査論の講義はつらかったなぁ。。
受かった人は監査をしているのに、
なんで俺は監査の勉強してるんだろうと。。。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

久留米MG終了。
成績はパッとせずですが、
初心者も交えて楽しめました。

21時の飛行機で羽田に戻ります。

« 次の記事 【会計士】短答全国模試を終え、残り期間で一番大切なこと。

前の記事 » やっぱり1番は、やりたいかどうかという軸。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930