自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

漫然とやっていることを一度意識的にやってみる。

time 2017/11/11

漫然とやっていることを一度意識的にやってみる。

 

問題文を読むときに、
いつも何気なく行っていることってありませんか?

財務会計論であれば、

 

・会計期間チェック

・税率チェック

・△の指示チェック

・資本関係チェック

・前T/Bチェック

 

など、当たり前のように確認しているものがありますよね。

短答前のこのタイミングで、一度、
それらの意味をもう一度考えてみて下さい。

当たり前のようにできるということは、
言い方を変えれば、漫然とできてしまうとも言えます。
無意識でできていると言ってもいいでしょう。

これは素晴らしいことです。

最初は何事も意識しなければできないはずですが、
それを今では無意識でできるようになっている。

それだけたくさん繰り返し問題を解いてきたということですから、
自信を持って下さい。

ただ、注意点もあります。

・あるはずの指示がなかったとき

・表現がいつもと違うとき

 

そんなとき、混乱に陥る可能性があります。

これはどう解けばいいんだろう。。。
この指示はどういう風に読み取ったらいいんだろう。。。

あっという間に時間が過ぎてしまうでしょう。

 

パンチが来るとあらかじめ分かっていれば、
そこそこ強いパンチでも耐えられますが、
不意に食らったパンチには強烈にダメージを受けます。

 

いつも何気なくチェックしている指示を、
もう一度注意深く、意識してチェックしてみましょう。

「もしこの指示がなかったどうしようか?」
と考えてみると、また違った視点で同じ問題を解くことができますね。

 

もうすぐTACでは短答全国模試です。
ぜひ、意識してみて下さいませ。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は娘と公園で遊んだり、
家族でランチをしたり、1日ゆったりと過ごしました。

« 次の記事 ピンチはチャンス!主体変容で人生を変える。

前の記事 » 欲しがってもらうために、相手の想像をかき立てる。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930