自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

欲しがっている人にならいくらでも売れるって話。

time 2017/11/09

欲しがっている人にならいくらでも売れるって話。

 

昨日のカップヌードルの話は、
要するに何が言いたかったのか。

普通は500円で買わないですよね、
カップヌードル。
スーパーなら100円くらいで買えるのですから。

それを500円で売っている場所が現実世界にあるのです。
すごいことだと思いませんか?

 

必要であれば(欲しいと思えば)高くても買う

これが人間です。

どんなにいい製品(と売り手が思っている)であっても、
必要だと思う人がいなければ売れないのです。

 

逆に、普通であれば100円程度の製品であっても、
必要に迫られている人であれば、500円でも1000円でも売れる。

ですから、モノを売る、
ただ売るのではなくより高く売るために大切なことは、

必要だと思わせる能力、欲しいと思わせる能力

を高めることでしょう。

 

ボトルワインを普通に売ったら2000円だったとしても、
「これはあなたが生まれた年に取れたブドウで作っているんですよ」
と一言添えれば、5000円で売れるかもしれません。

どうすれば必要と思ってもらえるか。
どうすれば欲しいと思ってもらえるか。
欲しいと思う人はどこにいるのか。

 

売るときにはぜひ頭に入れておきたいものです。

 

漫画が出ているのでこれを読んでみるとよろし。
漫画版は読んでないのでこれから読む。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日はテキスト原稿など。

« 次の記事 欲しがってもらうために、相手の想像をかき立てる。

前の記事 » 日本で2番目にうまかったカップヌードルの話。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930