自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

踊り場の意味を考える。

time 2017/11/07

踊り場の意味を考える。

 

踊り場ってありますよね。階段の。

階段の途中にある、他の段よりやや広い段

とWikipediaにあります。

あれがある意味ってなんなのでしょうね?

 

もちろん建物の構造上、そうせざるを得ないことはあるでしょう。

もし仮に無制限にスペースが使えたとして、
同じ高さまで上るために、
一直線にの階段をずーーーーっと作るのと、
通常通りに何度も踊り場を作って上るものと、
どちらがいいんでしょう。

踊り場があったほうがいい。
安全だから。

一直線にただ上るだけの階段。
100段あったらまっすぐずーっと上るだけの階段。
これだと、途中で躓いて転んだら、もう命はありません。

 

同じ100段上るのでも、
10段×10回折り返しで踊り場を設けたほうが、
仮に転げ落ちても軽傷で済むでしょう。

踊り場には意味があるのです。

勉強していても、踊り場ってあります。
なかなか成績が伸びない時期。
やってもやっても無毛な感じがしてしまう時期。

これは、それまでの知識を定着させる期間なのです。
定着したら、また改善また改善。
そうすれば一気に転げ落ちることはなくなります。

 

踊り場には意味があると思って、
成績が伸び悩んでも耐えましょう。

そこでグッとこらえて勉強し続けられるかどうか。
これで差が付きます。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

五反田にて終日お仕事でした。

« 次の記事 日本で2番目にうまかったカップヌードルの話。

前の記事 » 試験までまだ何日もある?あと何日しかない?

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指すめがね会計士。趣味は,マラソン,MG(マネジメントゲーム)。トライアスロン。 フルマラソン自己ベストはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930