自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

バラモンキング2017完走記その34~バイクゴール!!!~

time 2017/07/17

バラモンキング2017完走記その34~バイクゴール!!!~

 

バラモンキング2017の完走記シリーズ。

第1回からぜひどうぞ↓↓↓

 

登場人物はこちら↓↓↓

最後の最後も、なんやかんやで上りがある。
けっこうある。

もう、どれだけ遅くても
バイクを降りずに走って入ればゴールできそうだ。

チンタラチンタラ走る。
周りに選手はほとんどいない。
ほぼ最後尾に近いことが分かる。

それでも、

「頑張ってくださ~~い!」

という応援に対してはすべて応えた。
それくらいの余裕はある。
むしろ答えられなくなったらヤバイと思うことにしている。

参加人数1000人に対して3000人のボランティアの方々。
どう考えてもありがたすぎる。
一人一人に感謝しつつ、食いしばる。

初めて見る景色。
いつになったらゴールなのかまったく予測不可能。
それでも、漕いだ分だけゴールに近づいているのは確実だ。

マラソンやトライアスロンのいいところは、
コースさえ間違えていなければ、
確実にゴールに近づくというところだ。

そして、コースを間違えることは通常のレースではほとんどない。
(バラモンでは、2周回すべきところを1周で終えてしまい
DNFになってしまった人もいたそうだが)

バイクでもランでも脚を動かした分だけゴールが近づく。
スイムでも腕を回した分だけゴールが近づく。

受験勉強は、そうはいかない面もあるのがやっかいだ。
勉強すればするだけゴールに近づくかというと、
必ずしもそうとは言い切れない。
正しくない勉強法では、間違ったゴールに近づいてしまう。

だから僕はその道案内役として講師をしているのだ。
コースさえ間違えなければ確実に合格に近づくのだから、
コースを間違えないように誘導している。
あとは全力で勉強するのみ、という環境作りを心掛けている。

とにかく、トライアスロンでは前に進むことだけ考えればいい。

あと少し。あと少しだ。

AKBの後ろ姿が近づいたり遠ざかったりしている。

AKBもしんどそうだ。
背中は丸まり、まるで覇気がない。
お互い、最後の力を振り絞っている。

 

最後の最後、AKBを一気に抜いた。
そして、ゴーーーーーーール!!

 

ついにきた。
バイクゴール。
180km漕ぎきった。

 

俺はここからが勝負だ。
ここからが俺のレースだ。
やっと、やっと、舞台に立てる。

バイクをラックにかけるのも、
ボランティアの人がやってくれる。
ありがたや。

スイムが669位で、バイク終えたときは608位。
これでも一応、60人を抜いたことになる。

 

よくまぁこんなに漕ぎましたわ。。。

 

距離 ラップ 高度上昇 高度下降
10 30:25.9 54 51
20 22:52.4 115 81
30 22:23.2 120 96
40 20:29.3 110 164
50 20:31.6 52 72
60 26:54.2 151 154
70 30:20.4 145 139
80 30:33.8 141 71
90 23:59.4 133 82
100 22:13.4 47 160
110 28:01.2 133 136
120 30:44.2 168 159
130 27:43.0 73 97
140 33:14.3 155 90
150 23:10.7 107 132
160 27:25.3 133 127
170 25:57.4 53 93
180 26:32.6 67 74

 

平均22.4km/hだから、フルマラソンの世界レベルとあまり変わらない。
これがいまの実力だ。

 

いよいよラン!

★★★★★★★★★★

【編集後記】

金土日と、すべて娘と一緒に寝たので、
私もたっぷり寝ました(^^;)

今日は夜に講義です。

 

【昨日のトレーニング】

・パワーブリーズ

・スクワットなど

« 次の記事 バラモンキング2017完走記その35~テントの中で~

前の記事 » バラモンキング2017完走記その33~AKBを抜き、そして抜かれる~

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31