自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

バラモンキング2017完走記その27~地元応援団に感謝~

time 2017/07/10

バラモンキング2017完走記その27~地元応援団に感謝~

 

バラモンキング2017の完走記シリーズ。

第1回からぜひどうぞ↓↓↓

バラモンキング2017完走記その1~ゴール後の感情とは~

 

登場人物はこちら↓↓↓

バラモンキング2017完走記その3~ポセイ丼?なにそれ美味しいの?メンバー紹介~

猛暑のなかしんどいのは選手だけじゃない

レース中に何度も訪れる上りのなかでも特に長く辛い上り坂。
そこには、五島名物の応援がある。

「がんばぁぁぁ~れぇ~!!!!!」
「ファ~イ~ト~!!!!」

「がんばぁぁぁ~れぇ~!!!!!」
「ファ~イ~ト~!!!!」

と女性2人が交互に叫びながら、
他の数人で大きなうちわであおいでくれる。
ここにたどり着くまではまったく記憶になかったが、
声を聞いて、そういえば2年前もこの応援を受けたことを思い出した。

 

2年前はこの人たちがいる場所まで2周目にたどり着けなかったが、
今回は同じ場所を2回通過できたのだ。

 

で、2周目はさすがにおらんやろ。。。

と思っていたのだが、まさかの、

「がんばぁぁぁ~れぇ~!!!!!」
「ファ~イ~ト~!!!!」

だ。

2周目には選手もまばらなので、
ずっと声を出し続けているわけではなさそうだが、
選手が見えるとちゃんと1周目と変わらない応援をしてくれた。

 

ちなみにこの日はメチャメチャ暑く感じた。
おそらく夏日だったのではないだろうか。

↓によれば最高27℃である

http://www.accuweather.com/ja/jp/goto-shi/1508194/june-weather/1508194

 

そんななか、いったい何時間応援し続けてくれているのだろう。
トップから最下位まで5時間くらい差がある。
その間、ずっと。

本当に感謝。

 

 

別の坂では、マイクを使い、
レースナンバーと名前を読み上げて応援してくれるところもあった。
アツい。アツすぎる。

本当に地元に愛されているレースなんだと思う。
そんなレースに参加できていることが幸せだ。

地元の中高生ボランティアもありがたい。
だって貴重な休日だぜ!?
中高生なんて部活したりデートしたりした年頃でしょ?

にも関わらず、ほぼ丸一日、
エイドに立っていてくれるのだ。

自分に逆のことができるだろうか?
残念ながら、自信を持ってYesとは言えない。

五島のすべての人たちに、ありがとう。

そう思いながら、アップダウンを繰り返していった。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

富士登山競走の試走会。

結果は・・・またもや8合目でドロップアウト(^^;)

日本一の山はそう簡単に登り切らせてはくれません。

残りの期間しっかりトレーニングします。

 

【昨日のトレーニング】

・富士山8合目までラン

« 次の記事 バラモンキング2017完走記その28~何のために練習するのか~

前の記事 » バラモンキング2017完走記その26~113km関門を突破~

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31