自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

わかるをできるに変える呪文、それはスリスリ。

time 2017/04/21

わかるをできるに変える呪文、それはスリスリ。

 

わかるとできるは大違いです。

聞いてわかる、読んでわかる、見てわかる。
言われればわかるんです。

でもね、わかってもできない、解けない、
そういったことも多いですよね。

なぜでしょうか。

それは身体に落ちてないからです。
わかってる状態というのは、頭レベルです。
頭で考えて、頭でわかってる。

でも、試験で動かすのは頭じゃなくて身体。
身体レベルに落とし込まれていないと、点数にはなりません。

歯磨きの仕方は分かってるけど、
歯磨きの習慣が身についていないから、
歯磨きを忘れてしまうのと同じようなもの。

 

身体レベルに落とし込むためには、何が必要でしょうか。

 

何度も何度も刷り込むことです。
何度も何度も刷り込み刷り込み。
何度もスリスリ
私は娘のほっぺにスリスリしすぎて、
すでに嫌われてる気がスル。

 

言い方を変えれば、躾けるということ。

 

歯磨きは、普通の大人なら習慣になっているでしょう。
歯磨きの仕方をわかったうえで、
歯磨きができる状態。
習慣化されているはずです。

でも、最初からできたわけではないはずです。
親に躾けられたから。
先生に躾けられたから。

気づいたときには勝手にできる状態になっていたのです。
一回躾けてしまうと、あとがラクですよ。
何も考えなくてもできちゃいますから。

 

躾けましょう。
できるまで躾けましょう。
解けるまで躾けましょう。
繰り返しやりましょう。
無意識レベルになるまで。

 

わかっただけでは足りません。
できるレベルまで引き上げましょう。
そうしないと点数には結びつかないのですから。
わかるんだけど書けない、ではダメなのです。

 

分かっているし、書けるし、説明できる。
目指すはそのレベルですよ。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は会計士受験生のための税理士試験対策講義。

その後、4月入学クラスのオリエンテーションです。

春は講義が多くて楽しいです!

 

« 次の記事 それは手段か目的か。手段の目的化を防ぐために常に問いかけよう。

前の記事 » その時,どう動く。シンプルな言葉を持て!致知2017年5月号を読んで。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930