自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

勉強で大事なことはすべてポケモンから学んだ。

time 2017/04/06

勉強で大事なことはすべてポケモンから学んだ。

 

ポケモンにハマったことが受験勉強に活きました。

 

今でも忘れない「こうかはばつぐんだ!」

1996年2月27日、ポケットモンスター赤・緑が発売されました。
私が生まれてから10年と1ヶ月後です。

小学校5年~6年の頃、とにかくハマりまくって、
友人と一緒にひたすらポケモンを鍛えてました。

(そういえばポケモンはポケットモンスターの略ってこと、
実は知らない人もいるんじゃないでしょうか?)

 

ちなみに最初に選んだのはヒトカゲ。
男なら黙ってヒトカゲでしょう!
これは譲れないw

 

攻略本などは買わずに進めていましたから、
わけもわからず進めます。

ライバルのシゲルくんとたまに戦うのですが、
彼が持ってるポケモンはゼニガメ。
ヒトカゲVSゼニガメです。

レベルが低いときのヒトカゲ最強の技「ひのこ」を放つと、
「こうかはいまいちのようだ」と、全然効いていない様子です。

一方、ゼニガメの「みずでっぽう」を食らうと、
「こうかはばつぐんだ!」
グーーーーンと、HP(ヒットポイント、エネルギーのようなもの)が
一気に減っていきます。
すぐにヒトカゲは気を失ってしまいました。

 

このとき「ポケモンの性質によって相性があるんだ」
ということに気づきます。

タイプ別の得意不得意はなぜか覚えられた

ポケモンにはキャラによってタイプが色々あります。

火、水、草、虫、毒、氷、飛行、ドラゴン、ゴースト、ノーマル、かくとう、かみなり、いわ、じめん、エスパー、、、

おお!全部思い出せた!調べてませんよw

 

このタイプ別に、得意不得意があるのです。
水は火に強い、火は草に強い、草は水に強い。。。

そうすると、ものすごい組み合わせがあることになります。
暗記しようと思っても簡単に覚えられるものではありません。

でも、これを、小学5年の私はすべて覚えていたのです。

もちろん、私の頭が良いからではありません。
覚えようと思っていたわけでもありません。

ではなぜ覚えられたのか?

 

楽しむ&競争

1つは、純粋に楽しんでいたから。

楽しい→もっとやる→楽しい→もっとやる。

家に走って帰って、ゲームボーイ持って友達の家に出かけて、
ひたすら無言でゲームするというわけの分からんことをしていました。
気づくと勝手に、頭に入ってきちゃいます。

ピカチュウが出てきたら水タイプはひっこめる。
ナゾノクサが出てきたらヒトカゲを出す。
イシツブテが出てきたらギャラドスを出す。

苦手なタイプを避け、得意なタイプで戦うようにすれば、
戦いがラクに進められます。

 

そして競争も大事。

ゲームがなんで楽しいかって、競争の要素があるからです。

サトシにはシゲルというライバルがいて、
彼に勝つためには色々ポケモン集めて育てなきゃいけません。

RPG(ロールプレイングゲーム)はこれが楽しいのです。
ドラクエもFFもそうですよね。

 

勉強にもゲームの要素を取り入れたら、より効果は高まるはず。

友人とテストの点数で競ってみる。
友人と単語の暗記ゲームをする。
何点以上取れたらご褒美に○○する。
何点以下だったら罰ゲームする。

 

楽しく勉強すれば勝手に覚えてしまうでしょう。
ゲームの要素を少しでも取り入れてみてはいかがでしょうか。

ちなみにこないだ買ったDSはもう売りましたw
なんか途中でアホらしくなってしまい(^^;)

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は2コマ収録講義でした。

明日も1コマ収録です。

 

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930