自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

事業計画はキャッシュ・フロー計算書をイメージして組み立てよ。

time 2017/02/18

事業計画はキャッシュ・フロー計算書をイメージして組み立てよ。

 

上場企業はキャッシュ・フロー計算書の作成が義務づけられています。

キャッシュ・フロー計算書では、お金の増減理由を、

営業活動

投資活動

財務活動

の3種類にわけます。

 

ざっくり、
営業活動とは、本業のこと。
投資活動はそのまま、投資(お金を投げる)。
財務活動は、資金調達関係。

とあるサラリーマンを例にすると、

会社からいただいた給料30万円から、
家賃、光熱費、電話代、交通費、レジャー代等の合計20万円を差し引いた、
10万円が営業活動によるCF(キャッシュ・フロー)。

本を1万円分買い、資格予備校に3万円払ったら、
投資活動によるCFは▲4万円。

自動車のローン返済が2万円あれば、
財務活動によるCFは▲2万円。

今月は、お金が4万円増えます(10万円-4万円-2万円)。
こんな感じ。

 

事業計画を立てたり、事業計画をチェックするときは、
この流れをイメージするとやりやすいです。

まずは本業。

どんなビジネスを思い描いているか。
人員の計画はどうか。
売上増のポイントとなるイベントは何か。
攻めていく市場はどこか。
競合他社は。
市場規模に照らして無理はないか。
仕入は可能か。
どの媒体に広告を打っていくか。
価格の根拠は。
製品別の粗利はどうか。

 

次に投資。

上記の営業活動を達成するために
必要となる設備投資はどのようなものか。
そのタイミングは適切か。
金額は妥当か。

 

そして財務。

資金ショートしてしまわないか。
借り入れ先は十分か。
返済計画が適切か。
資本政策はどうなっているか。
仮に資金が回らない場合の対策はどうか。

 

営業(本業)→投資→財務

 

をイメージしておくと、
事業計画も立てやすくなるでしょう。

 

結局、お金がなくなったらアウトなのです。
どうやってお金を生み出し、投資し、
調達してくるか。

それがイメージできればOKなのです。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は東京MGに参加。

夜は簿記チームの新年会。
辞めた同期やOBの方もたくさん来るので楽しみです。

 

« 次の記事 「できる」にも3段階ある。両手、片手、自由。

前の記事 » 飛ばすはツライが点になる。解かない勇気を持ちましょう。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728