自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

飛ばすはツライが点になる。解かない勇気を持ちましょう。

time 2017/02/17

飛ばすはツライが点になる。解かない勇気を持ちましょう。

 

 

問題を解かずに飛ばすのには、とても勇気がいります。
ですが、その勇気を持てると、点数が上がることが多々あります。

 

どんな試験でも、満点を取る必要はありません。
合格ラインの点数を獲得できればいいのです。
会計士の短答式では7割、
論文式では5割も取れれば十分です。

 

そのために、飛ばす勇気を持ちましょう。

なかなか、簡単ではないとは思いますが、
これも日々の心掛け、訓練です。

 

もちろん、すべて解けて、
すべて正解できれば1番いいのですが、
それは現実的にほぼ不可能。

制約がある中で、最も良いパフォーマンスを
発揮するためにどうすればよいか。
それをしっかり考えてみて下さい。

 

会計士受験で言うと、例えば管理会計論の論文。

例年、大問4問での出題です。
そのうち1問を丸々すっ飛ばすのです。
その時点でいきなり75点満点での勝負になります。
なかなかその勇気を持つのは難しいでしょう。

しかし、4問に30分ずつ費やすよりも、
3問に40分ずつ費やした方が、
結果的に点数が伸びたりします。

個人的な経験でもそうでした。
1問は、パパッと読んで理論ザッと書いて部分点を狙い、
残りの3問にしっかり時間をかける。
その方が、全体を満遍なく解くよりも、
良い結果になることが多かったのです。

 

会計士試験に限りません。
どんな試験でも、解くべき問題を見極め、
飛ばす問題はガンガン飛ばしていきましょう。

 

飛ばすはツライが点になるのです。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日はとあるプロジェクトを進めます。

夜は収録講義。
いよいよ基礎マスターも終盤で、
今日から企業結合に入っていきます!

 

« 次の記事 事業計画はキャッシュ・フロー計算書をイメージして組み立てよ。

前の記事 » 伝えなければ伝わらないのは当たり前。良いと思うものは「お知らせ」しよう。

down

コメントする

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728