自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

インフルエンザの受験生には追試をすべきなのか?

time 2017/02/06

インフルエンザの受験生には追試をすべきなのか?

 

すべきでない!

というのが私の意見。

インフルエンザには、
人生で3回くらいかかったことがある。
本当につらいものだ。

うなされる。
幻覚、幻聴。
外出できない。

中学生でインフルエンザになってしまうなんて、
本当に気の毒である。

しかも受験真っ最中のこの時期に。

 

とはいえ、体調管理も受験のうち。
これを身をもって覚えさせるのには、
これ以上ない良い機会なのではなかろうか。

仮に追試で受験をさせ、合格したとして、
果たして、その子のその後の人生にとってプラスなのだろうか。
むしろ超長期的に考えたら、マイナスなのではないか。

インフルになっても救済措置がある!
と勘違いしてしまう可能性もある。

インフルじゃなくてただの風邪でも、
知り合いの医師に証明書を出してもらえば、
追試が受けられることになりかねない。

いくらでも抜け道ができてしまう。

そもそも「追試」という選択肢があるからいけない。
そういう制度がなければ、「自分が悪い」という自責思考で終わる話。
中途半端に追試を奨励するものだから、
ムダに他責思考が生じてしまう。

これを言い出したら高校受験に止まらないだろう。

 

高校入試も、会計士試験みたいに、年2回とかにしたらいい。

もしくは、半数くらいは一般入試じゃなく、
事前の小論文や面接で決めてしまうようにすればいい。

インフルエンザの時期に入試をやることが、
そもそもの問題なのではなかろうか。

なぜ中学3年の冬に受験せねばならない?

半年早まって夏~秋の試験にしても、
みんな条件は同じなんだから。

冬にインフルエンザが流行することは、
もう昔から決まり切っていることでしょう。

 

 

会計士受験生も、特に12月短答は危険なので、
十分に気をつけて欲しい。

 

自分が当事者としてインフルエンザになったら、
追試しろや!!と言ってしまいそうな気もするが(^^;)

2016-06-05 12.11.43

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日は原稿チェックを進めます。
夜は、とあるセミナーです。

 

« 次の記事 ハーフマラソンで1時間30分切り(サブ1.5)達成!なぜ練習せずに自己ベストを達成できたのか?

前の記事 » 書く力~私たちはこうして文章を磨いた~

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728