自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

診断士も公務員も会計士を目指す時代。

time 2016/09/22

診断士も公務員も会計士を目指す時代。

 

昨日の会計士体験セミナーには、

社会人の方が多く参加されていました。

 

ある方は、中小企業診断士の勉強中。

来月に二次試験を控えている方でした。

「診断士だけだとなんとも中途半端だと思うので、

簿記一級、そして会計士を目指したい」ということでした。

 

確かに、私の周りに診断士オンリーで活躍している人はほとんどいません。

(私自身が会計士で、ただ単に診断士の世界を知らないだけですが。。。)

 

診断士×IT

診断士×自己探求

診断士×マラソン

診断士×トライアスロン

診断士×ブログ

診断士×メルマガ

診断士×ストレッチ

診断士×社労士

診断士×税理士

 

診断士以外に強みとなる武器を持っている人が目立ちます。

 

もちろん会社勤めのままで診断士を取って昇給する、
みたいなことはあるのでしょう。

ただ、診断士という資格は、薄く広くの学習で取得できてしまうので、

やはりもう一つ、何らかの武器を持っておきたいところだと思います。

(私も一応、診断士試験は合格しています(^_^;))

 

 

 

昨日は、公務員の方もいらっしゃいました。

公務員ですよ!?

もう安泰やん!

あんた、安泰やん!

驚きました。

聞けば、会計士か弁護士で迷っているとのこと。

 

公務員でも、仕事に不満があったり、

成長を感じられなかったりすれば、

外の世界に出てみたくなるようです。

 

 

私は、なんだかんだ言っても、
会計士になったら(かなりの確率で)安泰!

だと現時点では思っています。

この意味は、会計士という資格自体の強みというよりは、

・会計士になるまでの過程で自分自身が鍛えられる

・会計知識はあらゆる場所で必要になる

・会計士になれるくらいコツコツ頑張れる人なら、
仮に会計士という資格がなくなったとしても、
どこか別の場所で同じように活躍できる素養がある

などを含んでいます。

これが、会計分野の最難関資格と言われているゆえんじゃないかな~と。

 

ということで、いまは、診断士でも公務員でも、

会計士になりたがっている、そんな時代なのです。

会計士、イイネ!

 

2016-02-09-08-01-42あ、これは一つ前の朝ドラ。

娘は朝ドラの歌が始まるとじっと集中して聞いています。

とと姉ちゃんももうすぐ終わりますね~。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日の午前中に、あることをたくさんやりました。

初めての経験です。

うん、やればできるんだと思えました。

 

« 次の記事 致知2016年10月号を読みました。

前の記事 » いま私が思う、人前で話す立場の人が最も意識すべきこと。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2016年9月
« 8月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930