自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

短答式本試験で9割を取った監査論の勉強法。

time 2016/07/10

短答式本試験で9割を取った監査論の勉強法。

 

かれこれ10年前の2006年に短答式試験を受験しました。

そのとき、監査論は9割を取りました。

そんな私の短答式の勉強法を振り返ってみます。

もちろん、いまとは全然出題傾向とか違っているでしょうし、

その辺差っ引いて下さいね。

年1回の5月短答しかありませんでしたし。

 

ベースは監査基準委員会報告書

監査基準委員会報告書の原文を手元に置いておきました。

昨日書いた、企業法と同様に、

やはり原典が大事だと思っていたので。

 

すべての文章を最初から最後まで通読しました。

1回通読したあとは、答練で出てきたものを中心に繰り返し読みました。

企業法も監査論も、もっとも大事にすべきはやはり原典です。

 

短答答練中心

短答向けの勉強としては、企業法と同じく、短答答練がメインでした。

企業法と同じように、こちらも復習の仕方が大切です。

 

 

アイウエオの5つの文章が出てきたら、

すべてについて○×を正確につけられるようにしました。

で、×の場合は、文章のどこが×なのか、

どうすれば○の文章になるのかを考えます。

 

○の文章であれば、もし×の文章として出題されるなら、

どういった形で出題されるかな、ということを考えました。

出題者の立場になって考えてみるのです。

「すべて」「かならず」など、よくある×パターンにしてみたり。

これがけっこう面白くて役立った記憶があります。

 

監査論は、けっこう感覚で解答していた部分もあります。

なんとなくこっちが正しそう、

みたいな感覚を磨いていくことが大事なんじゃないかと。

実際、本試験でも、確実に正解できた!というのは5割くらいで、

あとの4割は2択まで絞ってからのカンで正答しました。

このカンを磨くことも受験では必要です。

そのために、短答答練+委員会報告書のコンボ。

 

 

監査論も、他校の答練や、

その他の受験用教材は一切買いませんでした。

監査論は、

「なんとなく」

の積み重ねで得点を重ねていける、そんな科目のような気もします。

なんとなくあやしい、ということに気付けるか。

そんな監査人としてのカンが問われているのかもしれませんね。

 

いずれにしても、日本語がけっこうあいまいで難しかったりするので、

9割取れたのはかなり運が良かったと思います。

2016-07-09 18.10.08

 

教材を絞って、何度もグルグル回転させるのがいいでしょう。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

昨日は、他校財務会計の先生と情報交換。

いろいろ勉強になり、視野が広がった気がします。

もっと精進せねば。

 

【昨日の1日1挑】

某先生と立ち飲み屋

 

« 次の記事 短答式本試験で9割を取った管理会計論の勉強法。

前の記事 » 短答式本試験で満点を取った企業法の勉強法。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031