自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

致知2016年7月号を読みました。

time 2016/06/17

致知2016年7月号を読みました。

 

致知2016年7月号を読みました。

腹中書あり、というテーマです。

本を読みましょう!ってことですね。

 

忙中閑あり:忙中に摑んだものこそ本物の閑である。

苦中楽あり:苦中に摑んだ楽こそ本当の楽である。

死中活あり:身を棄ててこそ浮ぶ瀬もあれ。

壺中天あり:どんな境涯でも自分だけの内面世界は作れる。どんな壺中の天を持つか。

意中人あり:心中に尊敬する人、相ゆるす人物を持つ。

腹中書あり:身心を養い、経綸に役立つ学問をする。

 

 

なぜ読書をしなければならないのか→常識が身につく、人間に厚みができる

 

一つのテーマにつき、関連する本を十冊から二十冊、多いときは百冊以上、徹底的にまとめ読みをしていきました。

 

玄関で脱いだ靴を揃えるとか身の回りの掃除をきちんとするとか、日常の当たり前のことが徹底できているか否か。

伸びる人は若い時の数年間に「バカ」がつくほど仕事漬けの日々を送っています。

 

何も教えないのが教育

 

 

 

 

自分が100回読んだ本があるかといえば、、、無さそうです。

簿記のテキストくらいかな。。。

100回聴いた音楽とか100回歌った歌ならありますけどね。

それだけ、書を読むことは簡単ではないということでしょう。

最近あまり読めていない気がするので、
改めてムダな時間を排除して読書に充てたいところです。

 

「何も教えないのが教育」というのは、
MGにも通じています。

MGでは、教えないのです。

自主性、主体性を育む場でもあるからです。

人々の人間的な成長を願っている、という点で、
致知とMGは共通していそうです。

 

★★★★★★★★★★

【編集後記】

「奇子」という手塚治虫作品を一気読みしました。

ドロドロな感じがいいです。

人間の本性をよく表しているなぁ。

これから五島へ出発します!

 

【昨日の1日1挑】

代々木 つけ麺春樹

 

ないすとぅみーとぅ!

 

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930