自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

他人と比較してプラスの感情になれるなら勝手に比較する分には構わない。

time 2016/06/15

他人と比較してプラスの感情になれるなら勝手に比較する分には構わない。

 

昨日、保育園のクラス父母会に参加してきました。

SFT(社会不適合)っぷりを発揮です。

父親の参加は私ともう1人のみ。

残り10家族は、母親だけで参加していました。

 

で、久しぶりに女性だらけの環境に身を置いたわけですが、

なんとも新鮮な気持ちになりました。

そこにはビジネスの「ビ」の字もない。

温かさと優しさだけが溢れる空間でした。

うん、たまには悪くないです、こういうの。

 

 

で、数少ない父親の参加者なので、

どうしても目立っちゃうわけです。

話を振られてしまったので、父の悩みとして、

子どもとの関係や、家事や育児への参加について、

他のご家庭に聞いてみました。

 

その前に、我が家のことを話したんですが、

「私は平日は夜遅く、

土日も自分のやりたいことをやっていて、

あまり家にいられないんですよ。

みなさんのところの旦那さんはどうですか?」

みたいな感じで。

そしたら間髪入れずに別の子の母親が、

「それは奥様が素晴らしいとしかいいようがありませんねぇ!」

 

と。

これが普通の感覚なのかと。

いままでは、普通の(?)家庭と比較しても、

正直意味は無いと思っていたんですよ。

だって私は普通じゃないから。

嫁さんと付き合い始めた頃にも、そのことは言ってあるんです。

俺は普通の人とは違うから普通を求めないでくれ、と。

 

でも、改めて、普通の(?)家庭の実情に触れてみて、

あぁ、こういうこともたまにはあっていいのかなと思いました。

自分の恵まれた環境に気づけるから。

これだけ自由に活動できているのは、

当たり前じゃないんだと。

嫁さんの器の大きさの上に成り立っているんだと。

そのことを感じられるから。

 

不幸は比較から始まる、といったりもしますけど、

それを逆手に取ってしまえばいい。

比較することで自分の幸せを強固にできるなら、

どんどん比較しちゃえばいい。

そのときの注意点は、自分が幸せを感じられる対象だけと比較すること。

たとえば日本に生まれ育った人なら、

アフリカやインドの貧困地域の人の生活と比べたら、

どう考えても幸せといわざるを得ないでしょう。

比較対象が自分より稼いでいる人とか、

自分より自由な人とか、

自分より恵まれているように見える人だからよくないのです。

 

比較もうまく使えばいいものだな、と感じた父母会での出来事でした。

改めて嫁さんには感謝です。

ちゃんと形にして示さないと、

そろそろ怒られそうですが(^^;)

2016-06-12 15.03.04これは買っていっても喜ばれなさそうなので買いませんでした。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

これから講師全体MTG。

夜は上級講義の2回目です。

 

【昨日の1日1挑】

父母の会の役員になる

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 2016年、バラモンキングになるために。

前の記事 » 第13回富士ヒルクライム完走記。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930