自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

侍ジャパンまさかの逆転負けから学ぶ。諦めない姿勢の大切さと意思決定の怖さ。

time 2015/11/20

侍ジャパンまさかの逆転負けから学ぶ。諦めない姿勢の大切さと意思決定の怖さ。

 

日本が9回に3点差をひっくり返され,

韓国にまさかの逆転負けを喫しました。

非常に残念ではありますが,

受験勉強につながりそうな学びもありました。

 

諦めない姿勢

韓国側からみれば,8回まで1点も取れず,

3点差で負けている状況です。

かなり厳しい展開でした。

多くの日本ファンは勝利をほぼ確信していたことでしょう。

しかし,結果的に韓国が4点を取り逆転しました。

もし韓国側が9回の時点で諦めていたら,

この展開にはならなかったでしょう。

彼らは国を背負って大会に臨んでいるわけですから,

諦めている選手はただ一人としていなかったのです。

 

会計士受験でも同じです。

「もうダメかもしれない,,,」

と思ってしまった瞬間に,勝ち(=合格)の可能性はなくなります。

受験勉強を始めてから,最後の科目終了の合図があるまでは,

何が何でも諦めずに食らいついてく姿勢が大事なのです。

国を背負っているわけではないけれど,

自分自身の人生を背負っているわけです。

「諦める人生」でもいいと思うなら,それもいいでしょう。

ただ,それはイヤだと思うのであれば,

最後まで諦めない姿勢を改めて大切にして欲しいです。

 

些細な意思決定が命取り

日本側からみれば,勝たなければならない試合を落としたといえます。

小久保監督のコメントにもあるように,敗因は

「継投ミス」

だったようですね。

好投していた大谷を変えたのが失敗だったと。

これは,あとから振り返ればいくらでも何とでも言えますね。

 

怖いのは,その時には最善の意思決定だと思っているところ。

あとになってはじめて,意思決定の誤りに気付くのです。

というよりも,あとにならないと気付けないもの。

あとからしかミスに気付けず,

しかも気付いたときには手遅れだからたちが悪いのです。

 

会計士試験でも,怖いのは意思決定の誤りです。

「どの問題から手を付けていくか」

この判断を誤ると,取り返しの付かないことになります。

本番でそのようなことにならないよう,

普段の学習で常に意識して,

意思決定力を磨いておきましょう。

2013-01-17 13.22.59

★★★★★★★★★★

【編集後記】

果たして大谷を変えなければ勝てていたのでしょうか。

それは誰にも分からないですよね。。。

最善の意思決定は難しいですから,

意思決定を最善にしていくことが大事です。

囲碁と同じですね。

 

【今朝の体重】

65.5kg

 

【昨日の1日1挑】

水道橋 Bistro U

炭酸シャワー

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 情報受信者としてのレベルを高めよう。情報にいちいち反応しない。

前の記事 » ぶれない信念を持つためにはぶれまくることが必要。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30