自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

スイム初心者が振り返る,泳ぐときに特に気をつけたい3つのポイント。

time 2015/09/24

スイム初心者が振り返る,泳ぐときに特に気をつけたい3つのポイント。

 

僕は1年前まで,「泳ぐ」という行為をほとんどしたことがありませんでした。

小学校のプールの授業で泳いだっきりです。

水泳を習ったこともありません。

完全なる「カナヅチ」でした。

そんな僕が,ウェットスーツを着ながらではあるものの,

3.8kmを泳ぎ切れるようになったポイントと思うことを3つご紹介します。

WS000007

※これがおよそ1年前。泡がすごいですね。。。

これはダメパターンです。

 

前を向かない

泳いでいると,前方が気になってしまいますよね。

人はいないかな,カベにぶつからないかな,など色々気になって,

どうしても前を見てしまうのです。

しかし,海やプールで前方を確認するということは,

頭を上げて上を見ている状態になります。

(うつぶせ状態で前を見るイメージ)

これでは首が痛くなってしまいます。

 

また,頭が上がってしまうと,その反対に足が下がってしまいます。

その結果,どんどん沈んでいきます。

WS000008

この写真の左上,明らかに前を見ていますね。

WS000009

その結果,体が45°くらい斜めになっています(^^;)

今にも足が床につきそうです。

ちなみにこれは動画のワンショット。

動画を観るたびに自分でも笑えてきます。

(今でも大したことはありませんが。。。)

 

人生は前向きに,海では下向きに。

 

足をバタバタさせない

長い距離を泳ごうと思ったら,息が苦しくなってしまってはアウトです。

苦しくなる原因は,足にあります。

足を激しくバタバタさせると,当然心拍数は上がります。

苦しくなってきて,息継ぎが雑になり,頭がますます上がります。

 

前を向いて泳ぐと足が下がってくる

沈まないようにバタバタする

苦しくなる

ますます頭が上がる

 

という悪循環です。

僕は最初プールにいったとき,

苦しくて25mも泳げませんでした。

 

おへそを見るようにすると足も浮いてきて,

そんなにバタバタさせなくても大丈夫になります。

苦しくならないように泳ぎましょう。

 

浮くと信じる

肺を膨らませた状態であれば,人間は浮きます。

特に海ではよく浮くのです。

いざとなったら,思いっきり空気を吸って,

体の力を抜いて仰向けになれば,

死ぬことはないのです。

浮くことが分かっていれば,ある程度余裕をもった泳ぎができます。

沈むのが怖くて必死にもがいて,

結果として溺れてしまうのです。

 

とはいえ,僕はまだウェットスーツを着ていないとほとんど泳げません。

それくらいのレベルの僕ですが,現時点で感じている大事なことはこの3つです。

スイム初心者の方にとって少しでも参考になれば幸いです。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

今日はプルブイを挟んで30分ほど泳ぎました。

呼吸のときの腕だけを意識してと言われたので,

それだけ気をつけて土曜日のレースを楽しみます。

スイムを楽しむ余裕はまだありませんが(^^;)

 

【1日1挑】

自宅階段トレーニング

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 LCCも案外悪くない。ジェットスターで国内旅行。

前の記事 » 初めての囲碁初段戦!惨敗だったけど心地よい緊張感でした。

コメント

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930