自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

囲碁をやると全体を俯瞰する能力が身に付くんじゃなかろうか。

time 2015/09/11

囲碁をやると全体を俯瞰する能力が身に付くんじゃなかろうか。

 

囲碁では,そのときの盤上で最大の手を打つことが重要です。

2015-08-22 17.24.13

 

囲碁には全体を見る能力が必要

最大の手を打つためには,常に全体を意識しておかなければなりません。

囲碁の難しいところは,最大の手が刻一刻と変化することだと思っています。

ある場面では死活に関する細かい急所が最大の手になることもあるし,

ある場面では大場に打つことが最大の手になることもある。

攻めの一手だったり,守りの一手だったり,

手抜きすることが大事なこともあります。

 

その判断をするためには,常に盤面全体を見渡して,

常に全体を意識しておかなければならないのです。

相手が打ってきたところに対応しなければいけないわけではありませんし,

必ずしも定石どおりに打つのが良いとは言えない場面もあります。

全体を俯瞰して見る能力は,囲碁が強くなるためには絶対に必要です。

これがなかなか難しいんですけどね。。。

 

時間の使い方も同じ

これは様々なことにも言える話ですよね。

例えば時間の使い方。

人生全体を考えて,

この1年は何をすべきなのか。

今月は何をすべきなのか。

今日は何をすべきなのか。

全体からブレイクダウンしていくのです。

 

しかも刻一刻と状況は変化していきますから,

そのときの自分にとって最大の行動をとるためには,

常に人生全体を意識していなければなりません。

これは大変なことです。

大変だからこそ,誰しもが「時間がない」と嘆きもがき苦しんでいます。

 

 

囲碁を本格的に始めてまだ2ヶ月ですが,

なんとなく,全体から考えるクセがついてきたような気がします。

本当になんとなく。。。

 

全体を見る力を鍛えたいなら,囲碁はオススメです。

いまなら3ヶ月で初段を目指すプロジェクトも募集しています。

http://igoholdings.jp/igo-shodan-project/

僕はここにお世話になっています。

メンバーも親切な方ばかりなので,

気持ちよく学べています。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

東日本大震災から4年半です。

まだまだ遠い復興。

でも現地の人たちは前向きです。

東京の僕がやらないでどうする!

 

【1日1挑】

雪見だいふく(クッキー&クリーム)

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 子供のようにチャレンジしないと何も出来るようにならない。

前の記事 » 3つのHですべてのものは身に付けられる。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930