自由に生きるめがね会計士のブログ。

会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。基本的にめがねです。

3つのHですべてのものは身に付けられる。

time 2015/09/10

3つのHですべてのものは身に付けられる。

 

何かを身に付けるために大切な「3つのH」をご存知でしょうか。

2012-06-08 19.13.55

 

 

ハンド(Hand)

一つ目は「手」。

まずは手を動かしてみます。

何事も,やってみないことにはわかりません。

いくら泳げないと口では言っていても,

実際プールに行くとめちゃめちゃ泳げる人もいますよね。

 

まずは手を動かすところ,体を動かすところが出発点となります。

まずやる。あとで直す。

これが大事です。

 

ハート(Heart)

二つ目は「心」。

手を動かしてみて,やってみることで初めて心が動きます。

動いてみないことには心も動きません。

やってみて,ちょっと違うな。。。と思ったことはそれ以上はやらないはずです。

そこで終了。それ以上身に付くことはありませんね。

 

心が動くから体が動く,という考え方もあるでしょう。

「感動」という言葉があるくらいですから,感じてから動く,のもありだと思います。

 

しかし,たとえば僕が囲碁にはまっているのは,

実際に碁盤で打ってみて面白いと思ったからです。

それまで囲碁など微塵も知らなかったのに。

ハンドからハートへの流れ。

これが何かを身に付けるための自然な流れです。

 

ヘッド(Head)

最後は「頭」。

頭で理解するのは最後に来ます。

こういう風にやってみてこういう結果が出た。

じゃあ別のやり方だったらどうなるだろう?

と考えます。

体でなんとなく分かったことを,理論的にも理解していきます。

 

囲碁を実際に打ってみて,どうすれば地を増やせるかなんとなく分かった後,

実際に高段者の講義を聞くことで,納得できるのです。

いきなり講義だけ聞いても,さっぱりでしょう。

 

Hand→Heart→Head

 

3つのHで色々身に付けちゃいましょう。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

在外連結キャッシュ・フローの講義でした。

あの技を繰り出せば,間接法も瞬殺です。

手間を掛けずに出来るところはなるべく省力化していきましょう!

 

【1日1挑】

セルフ給油

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 囲碁をやると全体を俯瞰する能力が身に付くんじゃなかろうか。

前の記事 » 先入観を持ちすぎると試験で痛い目にあうので注意しよう。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930