自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

変わるためには時間配分,住む場所,付き合う人を変える!でもその前に必要なことはやっぱり「決意」だと思う。

time 2015/08/10

 

大前研一さんの言うことは概ね正しい

有名コンサルタント大前研一さんは,

「人が変わるためには,時間配分,住む場所,付き合う人を変えること。」

「もっとも無意味なのは決意を新たにすること。」

と断言しています。

これには概ね同意します。

時間配分,住む場所,付き合う人を変えたことで人生が変わった人はたくさんいます。

逆にそれらを変えて変わらない人の方がレアでしょう。

 

決意は本当に不要なのか?

少し疑問なのは,決意を新たにするのが無意味という点。

確かに決意だけでは変わらない。

でも,決意しないと変わらないのも事実でしょう。

時間配分を変えようと決めなければ,

住む場所を変えようと決めなければ,

付き合う人を変えようと決めなければ,

そもそも変えることは出来ません。

(所属している会社が倒産して変えざるを得なくなった人もいますが(^_^;))

 

決意→継続のシステムをつくる

大事なのは決意したその後です。

決意したことを継続させることができないから,

決意を新たにしただけでは変わらないのです。

何かを変えるには継続し続けなければなりません。

会計士になろうと思ったら勉強を継続しなければなりませんし,

起業するにも勉強の継続です。

 

時間配分も住む場所も付き合う人も,

1度変えてしまえば必然的に継続して変わったままになるでしょう。

そこに意志の力を介入させないことがポイントです。

明日から早起きしよう!

と決意したとしても三日坊主になってしまうのは,

人間である以上は仕方ありません。

そういう人でも,たとえば毎朝4時に起きなければ命がない,という環境ならば,

きっと毎日4時に起きられるはずです。

 

大前さんが「決意しても無意味」と言っているから何も決意しない!

のはちょっと違うでしょう。

決意した後,いかにその決意を継続させるか。

その方法を自分なりに考えることが,

よりよい人生をつくってくれるのだと思います。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

ブログのテーマ(見た目等)を変えようか検討中です。

こういうのはノッてるときにやらないとずるずるいってしまうので,

今週中には動こうかと。

 

【1日1挑】

友人の独立1周年パーティ

Nさんとサシ飲み

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 改めて基礎の重要性について。直前期こそ基礎に戻るべし。

前の記事 » 質よりも量よりも頻度を大切に。頻度が上がれば勝手に上がる。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31