自由に生きる公認会計士のブログ。

公認会計士 尾崎智史の公式ブログです。士業の枠に囚われない自由な生き様を目指しています。

みんなで手すりにつかまろうキャンペーンでふと思ったこと。

time 2015/07/21

みんなで手すりにつかまろうキャンペーンでふと思ったこと。

 

今日から鉄道各社が,みんなで手すりにつかまろうキャンペーンなるものを始めたそうです。

 

そもそもエスカレーターは誰のため?

僕が思うに,エスカレーターは,

荷物が重い人,

階段の歩行が困難な人,

の二者のためのものと考えています。

 

キャリーケースなど,持ち上げるのが面倒な荷物を持っているときは,

エスカレーターは便利です。

また,お年寄りの方や妊婦の方,怪我をされている方など,

階段の上り下りが困難な方も一定数いらっしゃるので,

そのような方にとってエスカレーターはありがたいものでしょう。

 

でも,それ以外の人がエスカレーターを使う理由は何なのでしょうか。

たぶん,ラクだから,という理由でしょう。

ちょっとみなさん疲れすぎではありませんか。

階段の方が空いているのだから階段を使えばいいのに,,,

と思うことが年間364日くらいあります。

 

僕は,一人でいるときは極力エスカレーターを使わないようにしています。

エスカレーターの横に階段があることがほとんどですし,

特に階段を使うのが困難でもないからです。

 

たまにエスカレーターだけしかないこともあります。

そのときはエスカレーターの右側を歩きます。

別に急いでいるから,というわけではなく,

ただ単に立ち止まるのが嫌だからです。

 

たった10秒くらいのエスカレーターで,

しかも左側がものすごく混んでいるのに,

それでも左側に乗りたがる人たち。

階段を上れないくらい疲れているのでしょうか。

 

 

世の中が便利になればなるほど,

人間は退化していく。

そんな気がしてちょっと心配です。

階段を使えばストレスも少なく,

下半身も鍛えられて一石二鳥です。

マラソンタイムも速くなります。

 

元気な人はエスカレーターではなく階段を使おう!

キャンペーンの方がいいと思うけどなあ。

各段小さな2点の明かりがついていることで、この緩やかなカーブがついた階段がどこまでも続いていくような不思議な雰囲気が魅力的。

★★★★★★★★★★

【編集後記】

とはいえ,階段しかない駅はちょっと不親切です。

JR板橋駅(エスカレーターもエレベーターも無い!!)をよく使うので,

つらそうに歩いている人を見るたび心が痛みます。

 

ないすとぅみーとぅ!

 

« 次の記事 板橋駅の近くにあるおすすめ電源カフェの名は?フリーで仕事するならいくつかの仕事場を持とう。

前の記事 » 考えなくても解けるようになるまで反復継続。

管理人

尾崎智史

尾崎智史

自由な生き様を目指す公認会計士。趣味は,マラソン,囲碁,MG(マネジメントゲーム)。 フルマラソンはサブ3.5。

著書

あらゆる資格試験にオススメ!



sponsored link

カレンダー

2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031